autoc-one.jp 記事・レポート 特集 日本にない日本車 日本にない日本車「DATSUN(ダットサン)」~日産が懐かしいブランド名を再起用する理由とは~/桃田健史 2ページ目

日本にない日本車 2013/8/10 00:00

日本にない日本車「DATSUN(ダットサン)」~日産が懐かしいブランド名を再起用する理由とは~/桃田健史(2/2)

関連: 日産 Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史/日産自動車
日本にない日本車「DATSUN(ダットサン)」~日産が懐かしいブランド名を再起用する理由とは~/桃田健史

「ダットサン」復活の理由とは?

DATSUN 240Z[輸出仕様/日本名「フェアレディZ」]

日産は1980年頃まで「ダットサン」ブランドのモデルを世界各国で販売してきた。40~50歳代の読者にとっては、ガソリンスタンドや町の商店等で活用されていた「ダットサントラック」(通称ダットラ)を思い出す方もいるだろう。

アメリカ人の場合、1960年代後半に全米で一斉を風靡した「Z」(日本名「フェアレディZ」)によって、「Datsun」に対する強烈なイメージが根付いた。また米語では、[Da]にアクセントが強く、[n]がサイレント音に近いことから、日本人の耳ではアメリカ人の発音が「ダッツン」に聞こえた。

日産 新興国向け新ブランド「ダットサン(DATSUN)」ブランドロゴマーク

そんな「ダットサン」。90年代以降は、すっかり”過去のモノ”として世界から忘れられていった。なぜなら日産が世界市場で、「SIFT」などの企業イメージを統一するマーケティング戦略を展開。「NISSAN」ブランドを強調するようになったからだ。さらには、アメリカ発の高級ブランド「Infiniti」(インフィニティ:日本未発売)を育てていったことも大きい。

◎参考:日本にない日本車「インフィニティ」[2012年7月25日]

そうした世界戦略のなかで再び、「ダットサン」ブランドの必要性が高まってきた。

それが、新興国の対応である。

日産自動車 2013年3月期決算発表記者会見[Photo:桃田健史]

筆者は今年5月、日産横浜本社で行われた同社2013年3月期決算発表記者会見の場で、 質疑応答の時間に、カルロス・ゴーンCEOに対してこう質問した。

「ブランドについてお聞きします。(日産、インフィニティ、ダットサン)3ブランド戦略のなかで、ダットサンへの期待はどうか? (この他に)ルノー日産グループとして(中国市場でのエントリー向けとして)ベヌーシア、さらに欧州では(ルーマニアの)ダチアなどを展開していますが、それらの関係性はどうなっていますか?」

◎参考:【北京ショー2012】日産の中国専用ブランドに早くもEV「啓辰(ヴェヌーシア) e コンセプト」登場 ~日本にない日本車 特別編~[2012年7月25日]

日産自動車 カルロス ゴーン社長

これに対しゴーン氏は「プレミアム、グローバル、そしてエントリー(としての3ブランド化)です。世界の主要市場では(セールスボリュームゾーンに対する新車価格帯として)日産ブランドだけではいま、市場全体の60~70%に対応できています。ですが、新興国の場合、それが平均で市場の3分の1程度に留まっているのが実情です。

(こうした実情を鑑みて)日産として古き歴史を有するダットサンをインド、ロシアなど新興国市場、さらにはアフリカ市場などを主体に展開します。またベヌーシアは、あくまでも中国市場専用ブランドであり、グローバル市場での顧客が(ブランドイメージとして)混乱することがありません。またダチアはルノーのブランドであり、日産(関連)ブランドとは全く別な位置付けです」と回答した。

「ダットサン」ブランド日本投入の可能性は

Dacia Dokker(ダチア ドッカー)Dacia Duster(ダチア ダスター)

また、筆者は今年3月、英国系自動車媒体の日本版の取材で、日産のブランド戦略を統括する同社常務役員の中村史郎氏に、同社横浜本社で単独ロングインタビューを行なった。

そのなかでも、ダットサンブランドについて聞いたが、部品の相互補完の観点からは、ルーマニアの「ダチア」との関係が深くなることを、中村氏は示唆した。ここ数年、「ダチア」がロシアや旧東欧市場を中心に、小型ミニバン「Dokker」や小型SUV「Duster」を投入することで業績を上げてきている。

以上のように、ルノー日産としては、新たなるブランド戦略として、十分な素材(ベースとなる車体と部品)が整っていたことで、「ダットサン」復活が実現したといえる。

では、日本市場への導入はどうか? 日本市場は新興国ではないので、そんなことは有り得ないのか?

軽自動車規定の改定があれば、一気に来る可能性も!?

日産自動車 中村 史郎 常務執行役員 チーフクリエイティブオフィサー(CCO)DATSUN GO(ダットサン ゴー)[日産 新興国向け新ブランド「ダットサン」1号車]

前述の中村氏とのインタビューのなかで、ダットサンの日本導入は「今後の市場動向によっては、”絶対にない”とは断定できない」(中村氏)との回答だった。

これは、高齢化社会の進行や、ハイブリッド車や軽自動車の台頭など、”分かりやすい市場動向”に対しての発言ではない、と思える。

筆者としての考えを述べれば、”TPP(環太平洋自由貿易協定)”が、日本市場を大きく変えてしまう恐れがある。例えば、アメリカが日本への農産物・酪農製品への輸出に対する譲歩と引き換えに、軽自動車規定の大幅変更を強く求めてくるかもしれない。

そして、もし軽自動車規定がなくなれば、排気量1リッター前後の日系ワールドカーが、一気に日本市場へと流れ込んでくるだろう。

そのなかには当然、「ダットサン」も含まれる。

DATSUN GO(ダットサン ゴー)[日産 新興国向け新ブランド「ダットサン」1号車]

様々な分野で、激変が続いている世界自動車産業界。

「ダットサン」日本復活が起こっても、なんら不思議はない。

[レポート:桃田健史]

◎関連記事:

日産、復活したダットサンブランド第1号「GO」を発表[2013年7月16日]

日産、ダットサンブランドの第1号モデルのデザインスケッチを公開[2013年7月2日]

筆者: 桃田 健史
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25