autoc-one.jp 記事・レポート 特集 NEXTALK 水素供給・利用技術研究組合・山梨文徳インタビュー

NEXTALK 2012/11/9 20:23

水素供給・利用技術研究組合・山梨文徳インタビュー(1/5)

関連: 日産 Text: 御堀 直嗣 Photo: 佐藤靖彦
水素供給・利用技術研究組合・山梨文徳インタビュー

楽しんで仕事をしよう!

水素供給・利用技術研究組合・山梨文徳インタビュー

燃料電池自動車(FCV)の歴史は案外古い。1966年にアメリカのゼネラルモーターズ(GM)が、Electrovan(エレクトロバン)を開発した。ある意味でそれは当然の成り行きであった。アメリカの宇宙開発において、宇宙船の電力供給に燃料電池が必要だったからだ。そして1994年、ドイツのダイムラー・ベンツ社が燃料電池自動車の積極的な開発に乗り出した。また日本のトヨタ、日産、ホンダも、相次いで燃料電池自動車の開発に取り組む。山梨文徳は、日産で1998年から燃料電池自動車開発に携わってきた。現在は、水素供給・利用技術研究組合(HySUT)へ出向し、燃料電池実用化推進協議会(FCCJ)のシナリオによる2015年の「一般ユーザーへの普及開始」に向け、水素スタンドの整備に奔走する日々である。最前線で燃料電池自動車の実態を目の当たりにする山梨に、燃料電池自動車の未来を問う。

プロフィール

水素供給・利用技術研究組合・山梨文徳インタビュー

1960年11月2日東京生まれ

1987年:

3月 早稲田大学機械工学科修士卒業

4月 日産自動車入社 エンジン設計部配属(排ガス後処理システム開発従事)

1998年:

8月 FCV開発へ異動 FCV開発マネージメント、水素タンク開発、水素安全など担当

2003年:

4月 北米ロスアンゼルスの日産テクニカルセンターノースアメリカへ異動 カリフォルニアでのFCV実証実験従事

2006年:

4月 帰国。FCV開発従事(FCV運用&実験、技術広報担当) 燃料電池車実証試験(JHFC2)ワーキンググループ従事

国際基準標準活動従事(JARI高圧水素標準化ワーキンググループ主査)

2011年:

5月 水素供給・利用技術研究組合へ出向

充填インターフェース国際基準標準化活動(JARI高圧水素標準化ワーキンググループ主査)は継続

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21