autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート ルマン参戦 日産デルタウィングがレースカーの概念を覆す! 2ページ目

イベントレポート 2012/8/8 12:38

ルマン参戦 日産デルタウィングがレースカーの概念を覆す!(2/3)

関連: 日産
ルマン参戦 日産デルタウィングがレースカーの概念を覆す!

幅10cmのタイヤだって?? 冗談だろう!?

2012 ル・マン24時間

さらにデルタウィングは荷重配分も再定義し、前輪27%後輪73%とした。これは、コーナリングが超速いクルマを作るヒントになるだろう。

それで曲がれるかって?もちろん!ミシュランのお陰だ。

デルタウィングの信頼性を極めるのに、ミシュランの徹底的な協力は不可欠だった。このマシンが必要としたのは、高性能ゴムで幅が狭い、それまで存在していないタイヤだった。

ミシュランは、その高度なレース専門知識と技術によりゼロからタイヤを開発し、わずか4インチ(10cm)のタイヤを完成させた。この幅細のフロント・タイヤと、これまでになく幅の狭い前輪トレッドで、リアウィングを持たないデルタウィングが、他のどのマシンにも出来ないコーナーリングを実現させた。

負荷が少ないフロントタイヤと、主なダウンフォースをシャシーで生みだす革新的なエアロダイナミクス・パッケージで、フロントタイヤはらくらくターンインし、3Gのかかるコーナーも優に時速250km超えという速度で切り抜ける。

今年のル・マンは日産がジャック!

2012 ル・マン24時間

その日、デルタウィングはグリッドで一番の人気者だった。そして、日産はサーキットでいちばん目立つ自動車メーカーだった。デルタウィングの他に、日本スーパーGTシリーズで使用されるものに近い日産V8エンジンを13台のLMP2車にサプライしていたからだ。

また、その日産V8エンジンで走るドライバーのうちの2人は、日産GTアカデミーのチャンピオン、ルーカス・オードネズとジョーダン・トレソンで、グランツーリズモのゲーマーが、本物なレーサーになれることを証明していた。

会場のいたるところに日産のバナーや看板もあったのだが、この2人の存在こそが日産の存在感を際立たせ、目立っていたことは明らかだ。しかし、それがトヨタの不満を引き起こしていたと日産のある重役は言っていた。

「トヨタは、デルタウィングの参戦を許可したこと、そして、トヨタの半分程しかル・マンのレースに注ぎ込んでいない日産がこんなに露出が多いことについて主催者に文句を言っている」とのことだった。

それについてイギリスのコメンテイターはこう述べていた。「デルタウィングも目立ったけど、日産はこのイベントに参加したマシンの1/4にエンジンを供給した。つまり、今年のル・マンは日産のものってことだよ。だから日産のバナーがこんなにたなびいて、ガンガン盛り上がるのも当然さ。そこは、トヨタも理解しなくちゃね。」

2012 ル・マン24時間2012 ル・マン24時間

そういう波風も立ったものの、デルタウィングは1号車のアウディに18秒遅れる3分42.6秒をマークして29位からスタート。

ドライバーの顔ぶれを見れば、日産が本気なのがすぐ分かる。ドイツ人ドライバー、マイケル・クルムはFIA GT1のチャンピオンであり、またスコットランド人のマリノ・フランキティはハイクロフトのチャンピオンシップ・レーサーだし、本山哲はF3で何度も優勝しているし、スーパーGTのタイトルも獲得するなど、日本でもっとも勝利を挙げているレーサーの1人だ。

デルタウィングはすばらしいスタートを切り、レース序盤は速いペースを維持、3分45.7秒というファステスト・ラップをたたき出した。

クルムがピットインして本山に交代した際、クルーはこのレースで1回だけのタイヤ交換を行った。その模様はぜひビデオで見て欲しい。フランキティは「デルタウィングのハンドリングは素晴らしく、燃料消費は半分という目標も達成してるし、タイヤの摩耗も少なく驚くほどだ」と語った。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27