autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ベストバイカー 2009年下半期ベスト・バイ・カー/金子浩久

ベストバイカー 2009/12/24 10:00

2009年下半期ベスト・バイ・カー/金子浩久(1/2)

2009年下半期ベスト・バイ・カー/金子浩久

【国産車編】トータルベストカー/日産 スカイラインクロスオーバー

日産 スカイラインクロスオーバー

走り出してすぐ驚かされるのは、その上質な乗り心地。路面や走り方を問わず、不快な騒音や振動を吸収しながら、柔らかく進んでいく。

ハンドリングも適度にシャープ。いわゆるSUV特有の高いドライビングポジションではなく、むしろステーションワゴンに近い。エンジンやトランスミッションも洗練されている。インテリアも、とても都会的で大人っぽい。

とてもよく練り込まれた、日本車には珍しいタイプのクルマだ。クルマに限らず、デフレ進行中の日本では、あらゆるモノが一円でも安く作って、一台でも多く売ることばかりが耳目を集めているが、ユーザーが長く乗り続けたくなるような、こうした上質なクルマも大切である。

【国産車編】ベストハンドリングカー/スバル インプレッサ WRX STI specC

スバル インプレッサ WRX STI specC

WRX STI specCは、インプレッサ・シリーズの頂点に立つ。

スバルは長年参戦し続けてきたWRC(世界ラリー選手権)を撤退してしまったが、鍛えに鍛えられ、磨きに磨き抜かれた結晶とも言えるべきクルマだ。

大き過ぎないボディにターボ過給された水平対向4気筒エンジンを搭載し、そのパワーで4輪を駆動する。パワーは増強され続け、駆動システムの制御は精緻を極めている。

ライバルの三菱 ランエボとともに、世界的にも稀な超ハイパフォーマンスカーとして君臨するが、スポーツカーというわけではなく、ドアを5枚備えた実用性を備えているところがインプレッサの“徳”であり、“実”だ。

峠道のコーナーを自由自在に走り抜ける度に感じる一体感の大きさに高揚させられる。次の課題は、トランスミッションだろう。

【国産車編】ベストデザインカー/日産 フーガ

日産 フーガ

新型フーガは、抑揚の強いボディラインが好みの分かれるところかもしれないが、予定調和や前例踏襲に陥ることなく、果敢に己を明確に主張している姿勢に共感を抱く。

インテリアは、エクステリアに劣らず魅力的。さまざまなRを持った柔らかな曲線と曲面が、丁寧に各所へ配されている。

「水面の波をモチーフとしました。自然をリスペクトする日本人の価値観を表わしたものです」(日産自動車デザイン担当常務取締役中村史郎氏)

用いられている素材や色のコーディネーションの吟味も、とてもよく行き届いている。

特定の色や柄、ディテールだけが突出することなく、大人っぽく、都会的。蒔絵調センターコンソールも、いい雰囲気を醸し出している。

日産 スカイラインクロスオーバー 関連ページ

スバル インプレッサハッチバックSTI 関連ページ

日産 フーガ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 スカイラインクロスオーバー の関連記事

日産 スカイラインクロスオーバーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイラインクロスオーバー の関連記事をもっと見る

日産 スカイラインクロスオーバー の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22