autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム インフィニティ新型QX50は再び、スカイラインクロスオーバーとして日本上陸なるか?

自動車評論家コラム 2017/1/10 20:02

インフィニティ新型QX50は再び、スカイラインクロスオーバーとして日本上陸なるか?(1/2)

関連: 日産 スカイラインクロスオーバー Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史/日産自動車
インフィニティ新型QX50は再び、スカイラインクロスオーバーとして日本上陸なるか?

新型もこの流れを継承して、日本で発売される?

インフィニティ QX50コンセプト

インフィニティが、デトロイトショー2017で初公開したミッドサイズクロスオーバーの『QX50コンセプト』は、量産化を見越した、インフィニティの意欲作だ。

現行のQX50は、日本では『スカイラインクロスオーバー』として販売されている。ならば、新型もこの流れを継承して、日本で発売されるのだろうか?

筆者は80年代末、インフィニティがアメリカで誕生してからこれまで、約30年間に渡り、アメリカでインフィニティに触れてきた。日産本社の開発陣やデザイナー、また南カリフォルニアのNDA(日産・デザイン・アメリカ)の関係者らと意見交換したり、インタビュー取材をしたりする中で、筆者なりにインフィニティというブランドを理解しようとしてきた。

そうした筆者の肌感覚で言うと、今回の新型QX50コンセプトを、スカイラインと呼ぶのは、かなり無理があると思う。つまり、日本での販売は、スカイラインと名乗るのであれば難しいと考える。

>>インフィニティQX50の詳細を写真で見る(画像37枚)

「G」と「EX」の思い出

インフィニティ QX50コンセプト

時計の針を、今から20年ほど前に戻そう。

インフィニティが大きく飛躍したのは、2000年代初めだ。日本の『スカイライン』を、インフィニティ G35に仕立てたところ、BMW 3シリーズの対抗馬としてアメリカで大人気となった。また、クロスオーバーのFXも優美なボディ形状が人気を博した。

インフィニティはこの時期、それまでのFF(前輪駆動車)とFR(後輪駆動車)の混合販売をやめ、スポーティなFRのイメージを前面に押し出す戦略で、一気にトップブランドへと駆け上がっていった。

時は流れて、2007年4月のニューヨークショー。インフィニティは中型クロスオーバーのEXを公開した。実はこの前のタイミングで、インフィニティ側がEXというバッジを外した状態で報道陣から意見を聞くという場があり、筆者も参加した。

第一印象は、FXの大人しい弟だった。

その後、2009年にEXがスカイラインクロスオーバーと名乗って日本上陸した時は、「日本の日産モデルラインアップ強化のためには、あり得る手法だが、やはりこれはインフィニティとして売るべきクルマだ」と感じた。

そして、ブランディングの観点から、インフィニティは2014年、それまでのネーミングを大転換。セダンを『Q』、クロスオーバーを『QX』と呼ぶことになり、EXはQX50へと鞍替えした。

>>インフィニティQX50の詳細を写真で見る(画像37枚)

日産 スカイラインクロスオーバー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 スカイラインクロスオーバー の関連記事

日産 スカイラインクロスオーバーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイラインクロスオーバー の関連記事をもっと見る

日産 スカイラインクロスオーバー の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19