autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 スカイラインクロスオーバー 試乗レポート/松田秀士 3ページ目

試乗レポート 2009/8/6 14:00

日産 スカイラインクロスオーバー 試乗レポート/松田秀士(3/3)

日産 スカイラインクロスオーバー 試乗レポート/松田秀士

ちょっと贅沢、かつ個性的に楽しめるクロスオーバー

フロントシート
リアシートセンターコンソール

ヒップポイントは610mmとクーペ対比で115mm高くセッティングされている。着座すると、ダッシュボードが低くアイポイントは予想以上に高い。

ただし、その分前方視界はSUV随一といえるほどに良い。ダッシュパネルトップとAピラーの形状がマッチしているので、左側の車幅感がつかみやすい。

さらに、ロングノーズだから前端の位置感覚を懸念したが、アラウンドビューモニターで時々確認することですぐに感覚として捉えることができた。

シートは、膝の裏が少し盛り上がっていて走り始めに違和感を覚えたが、すぐに馴れ逆にそのサポートがあることで腰を含めた下肢がリラックスしていることが分かった。

SUVとしてドライビングポジションに対する考え方は高く評価できる。走りこめば走りこむほどに、クルマの感覚が身体に染み込んでいくことを感じ取ったからだ。

テールランプ&370GTロゴイメージ

ただ、長距離移動を考慮するとリアシートに関してはもう少しゆとりが欲しい。座面を長くしたいし、背もたれももう少しリクライニングさせたい。

一方で、シートそのものの質感は、クッション性といい表皮の質感といい、こちらは申し分ない。

安全装備で採用された、車線逸脱警報(LDW)と車線逸脱防止支援システム(LDP)はメーカーオプションだが、LDPに関しては片側だけがブレーキングすることによって車線内に戻そうとするシステム。個人的にはLDWだけあれば十分なようにも感じた。

スカイラインクロスオーバーは、ちょっと贅沢にパーソナルユース、或いはデートカーとしてカップルでの旅行など個性的に楽しめるだろう。

筆者: 松田 秀士

日産 スカイラインクロスオーバー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 スカイラインクロスオーバー の関連記事

日産 スカイラインクロスオーバーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイラインクロスオーバー の関連記事をもっと見る

日産 スカイラインクロスオーバー の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21