autoc-one.jp 記事・レポート 特集 日本にない日本車 【日本にない日本車】 「日本にない日産車」が増える理由とは ~NISSAN360レポート~/桃田健史 3ページ目

日本にない日本車 2013/10/1 20:13

【日本にない日本車】 「日本にない日産車」が増える理由とは ~NISSAN360レポート~/桃田健史(3/4)

【日本にない日本車】 「日本にない日産車」が増える理由とは ~NISSAN360レポート~/桃田健史

日産3ブランド体制化で、低価格な「日本にない日本車」が増える!?

【日産360】日産 新型「アルティマ」[2013年モデル]【日産360】日産 新型 エクストレイル(3代目モデル)[写真は欧州仕様車] カラーバリエーション

日本では一般的に、自動車のモデル数は今後、減っていくイメージがある。これは、世界標準車という考え方による。世界市場で、より効率的に売るなら世界標準車を増やせば良いはずだ。

これを日産では、「グローバルブランド・グローバルプロダクト」と呼ぶ。

Bセグメントでは「マーチ/ マイクラ」、Cセグメントでは「ティーダ」、Dセグメントでは「アルティマ」といった具合だ。

■参考:日本にない日本車「日産 アルティマ」/桃田健史[2012年5月5日]

SUVでは、先のフランクフルトショーで発表された新型「エクストレイル」が、北米向け「ローグ」との統合を発表している。

■参考:【フランクフルトモーターショー2013】日産、新型「エクストレイル」を世界初公開[2013年9月10日]

「グローバルブランド・グローバルプロダクト」と「グローバルブランド・ローカルプロダクト」

【日産360】ダットサン「GO」

こうした考え方に対して、新生ダットサンが掲げているのが、「グローバルブランド・ローカルプロダクト」

ブランドは世界統一でも、仕向け地(販売地)によって商品のデザインやエンジン仕様が大きく違う。新生ダットサンの第一弾は「GO」。1.2リッター・5MTの小型5ドアハッチバック。さらにこの派生車と共に、2014年からインド、ロシア、インドネシア、そして南アフリカ(「GO」のみ)で販売が始まる。

■参考:日本にない日本車「DATSUN(ダットサン)」~日産が懐かしいブランド名を再起用する理由とは~/桃田健史[2013年8月10日]

【日産360】ダットサン「GO」【日産360】ダットサン「GO」

価格は、インドで40万ルピー(64万円)以下。インド市場ではこの価格帯が全体シェアの50%を占める。現在はスズキ、タタ、そしてヒュンダイが参入しているが、日産としては初めての挑戦だ。部品調達も現地化を徹底。車両の開発と設計もすべてインドで行っている。日本からはプロダクトスペシャリストがTV会議や出張ベースでサポートする。

低価格を実現するためには、これまでの「日本車の作り方」では考えられない手法が取られている。これこそ「日本にない日本車」なのだ。

世界人口は、ダットサンがターゲットとする新興国や経済発展途上国で増えていく。つまり「日本にない日本車」のラインアップが増えるのだ。

[次ページへ続く]

日産 スカイライン 関連ページ

日産 ジューク 関連ページ

日産 エクストレイル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 スカイライン の関連記事

日産 スカイラインの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイライン の関連記事をもっと見る

日産 スカイライン の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25