autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【燃費】日産 スカイライン ハイブリッドで「エコランチャレンジ」/竹岡圭 3ページ目

試乗レポート 2014/12/6 20:54

【燃費】日産 スカイライン ハイブリッドで「エコランチャレンジ」/竹岡圭(3/5)

関連: 日産 スカイライン Text: 竹岡 圭 Photo: オートックワン編集部
【燃費】日産 スカイライン ハイブリッドで「エコランチャレンジ」/竹岡圭

日産の開発者から直接聞いた「エコ運転」6つのコツとは

【燃費】日産 スカイライン ハイブリッドで「エコランチャレンジ」/竹岡圭【燃費】日産 スカイライン ハイブリッドで「エコランチャレンジ」/竹岡圭

さて、日産の開発の方が教えてくださったコツは、

1.ふんわりアクセルでモーターを使う

これは特に発進時に有効な手段なので、とにかく発進時はふんわりを意識。ちなみにモーターこそないけれど、ガソリン車の場合もほぼ同じテクニックが使われますね。

2.1500~2000rpmを意識して走る

このエンジンはこの回転域の燃焼効率がいいように作られているそうなので、エンジンが掛かっている時は、この回転域を意識するのが効率がいいんだそう。この回転域で走っていても、電池が減っているときはトルクで効率よく充電もできるとか。

ちなみに高速道路で電気を貯めるときは、2000rpmくらいの方がもっと効率がいいとのこと。

3.坂の頂上手前からアクセルオフして惰性で走る(セーリング走行)

坂道に差し掛かる前にある程度加速して、坂の途中ではアクセルを踏み込まず、頂上手前から惰性で走るという方法は、ガソリン車でも同じのエコラン基本テクニック。

【燃費】日産 スカイライン ハイブリッドで「エコランチャレンジ」/竹岡圭【燃費】日産 スカイライン ハイブリッドで「エコランチャレンジ」/竹岡圭

4.高速道路では80~90km/hを意識してモーターで走る(チョイ戻しアクセル)

スカイライン ハイブリッドはこの速度域でもEV走行できるので、積極的にEV走行を使うべしとのこと。

5.ふんわりブレーキを使う/急ブレーキは避ける

これは積極的に回生ブレーキを使い、電池を貯めてEV走行に備えましょうという教え。ポンピングブレーキは回生するタイミングを失うためにNG。

6.電池は貯めて使うの繰り返し

高速ではついつい電池を貯めっぱなしにしちゃいがちですが、前述のチョイ戻しアクセルを使って積極的にEV走行しましょうということ。

とはいえ、エコ運転の実践は奥が深い・・・

【燃費】日産 スカイライン ハイブリッドで「エコランチャレンジ」/竹岡圭【燃費】日産 スカイライン ハイブリッドで「エコランチャレンジ」/竹岡圭

以上6点。これを守り走行をしているうちに、いくつかのことに気付きました。

まずは「2.1500~2000rpmを意識して走る」が守りにくい。1200~1300rpmくらいで、80km/h~90km/hになっちゃうということなんです。速度をこれ以上上げると、空力的に燃費に悪影響なハズ。う~んどうしたらいいんだぁ~と思い、結局速度と回転数のバランスを取りながら走行することにしました。

続いて、気付いたこと。電池の充電レベル表示「エネルギーモニター」には6段階あるんですが、6段階の時はアクセルチョイ戻しですぐにEV走行になるものの、電池が3段階まで減るとエンジンが掛かったり、また止まったりを繰り返すということなんです。これをどうしたらいいのかなぁ~と悩んでいるうちに着いちゃった感はあるのですが、今思えば3段階になった時点でアクセルを踏んでエンジンを掛け、また6段階貯まるまで充電したほうがよかったのかもしれません。

そう、ここまで読んだらお判りですよね。実は・・・私たち、あまり結果がよくなかったんですよぉ~(涙)。

[ええ、決して言い訳ではありません・・・次ページへ続く]

日産 スカイライン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 スカイライン の関連記事

日産 スカイラインの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイライン の関連記事をもっと見る

日産 スカイライン の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21