autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 新型 スカイライン ターボ 200GT-t 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2014/7/17 19:52

日産 新型 スカイライン ターボ 200GT-t 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/4)

関連: 日産 スカイライン Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 小林岳夫
日産 新型 スカイライン ターボ 200GT-t 試乗レポート/渡辺陽一郎

メルセデス・ベンツ製直噴ターボエンジンを積んだスカイラインがいよいよ登場

日産 新型 スカイライン 200GT-t Type SP[2WD/ボディカラー:HAGANE ブルー M]

メルセデス・ベンツのエンジンを積んだ日産 新型 スカイライン ターボ「200GT-t」。ダイムラーとの業務提携が、商品開発でハッキリと示された。これまでも日産とルノーは、エンジンやAT、プラットフォームなどを共通化してきたが、あまり話題にならなかった。しかしメルセデス・ベンツはブランド性が高く、関心が寄せられている。

車両の詳細は、2014年5月26日に掲載した「日産 新型スカイラインターボ200GT-t新型車解説」で触れているので、最も気になる動力性能から述べてみたい。

日産 新型 スカイライン 200GT-t Type SP[2WD/ボディカラー:HAGANE ブルー M]

試乗したのは新型スカイライン ターボ「200GT-t タイプSP」だ。エンジンはメルセデス・ベンツ製、直列4気筒2リッターのターボ。日産では「次世代ターボ車」と呼んでいる。最高出力は211馬力/5500回転、最大トルクは35.7kgf-m(350N・m)/1250~3500回転である。

実用回転域の駆動力はかなり高い。最大トルクの数値は3.5リッター並みで、発生回転数も頻繁に使う領域になるからだ。2000~3000回転前後では、アクセル操作に対して忠実な加減速が行える。アクセルペダルを踏み込み、少し時間を置いてから駆動力が高まる「ターボラグ」もほとんど感じない。

350GTハイブリッドとの違いは?

(奥)日産 新型 スカイライン 200GT-t Type SP[2WD/ボディカラー:HAGANE ブルー M]

ちなみにスカイラインには、V型6気筒の3.5リッターをベースにした350GTハイブリッドも用意される。このエンジン本体の最大トルクも35.7kgf-mだ。ハイブリッドはモーター駆動も加わって200GT-tよりもパワフルだが、さほど遜色はない。

ただし1500回転を下まわる領域では、駆動力が相対的に低下する。時速50~60km前後で巡航している時、緩い加速をするためにアクセルを踏み込むと、反応が緩慢に感じる場面があった。最近のターボ車に多い傾向でもある。

また、最高出力の発生回転数が5500回転になることもあり、高回転域の伸びもいまひとつ。アクセルペダルをいっぱいに踏み込んで加速すると、シフトアップは6000回転を超えた領域で行われるが、無理に回している感覚が伴う。

エンジンノイズは少し粗く、4気筒を意識させる。特に気になったのが、アイドリングストップでエンジンが停止した後、再始動する時だ。「ブルッ」と振動とノイズが伝わる。道路が混雑していて、頻繁に停止と始動を繰り返す状況では煩わしい。動力性能は十分だが、低回転域における駆動力の落ち込み、再始動時の振動とノイズは、もう少し抑えると良い。スカイラインは上級車種とあって、洗練度が大切だ。

[次ページへ続く]

日産 スカイライン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 スカイライン の関連記事

日産 スカイラインの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイライン の関連記事をもっと見る

日産 スカイライン の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20