autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 新型 スカイライン 200GT-t[メルセデス製直噴ターボエンジン搭載] 速攻試乗レポート/国沢光宏 3ページ目

試乗レポート 2014/5/26 20:26

日産 新型 スカイライン 200GT-t[メルセデス製直噴ターボエンジン搭載] 速攻試乗レポート/国沢光宏(3/3)

関連: 日産 スカイライン Text: 国沢 光宏 Photo: オートックワン編集部・日産自動車
日産 新型 スカイライン 200GT-t[メルセデス製直噴ターボエンジン搭載] 速攻試乗レポート/国沢光宏

新型スカイライン200GT-tの発表会で速攻試乗出来た!

日産 新型 スカイライン 200GT-t Type SP[ボディカラー:ラディアント レッド パールメタリック] 試乗レポート/国沢光宏 20

新型スカイライン200GT-tの発表会を日産 追浜工場に隣接するテストコース「グランドライブ」で行ったこともあり、短い時間ながら試乗出来た。

燃費を含むジックリした試乗レポートは後日改めてお届けすることにし、メルセデス・ベンツ製のエンジンを積んだ新型スカイラインの初印象をお届けしたいと思う。試乗したのは『200GT-t Type SP』という最上級グレードです。

トルクフルな走り、滑らかな加速感

日産 新型 スカイライン 200GT-t Type SP[ボディカラー:ラディアント レッド パールメタリック] 試乗レポート/国沢光宏 9日産 新型 スカイライン 200GT-t Type SP[ボディカラー:HAGANE ブルー メタリック] 試乗レポート/国沢光宏 4

Dレンジをセレクトしてアクセル踏むと、やややや! けっこう賑やかな音を出す。雑な回り方、と言い換えてもよかろう。Eクラスだとあまり感じないので、メルセデス・ベンツと日産のエンジンマウントの差かもしれません。

加速感は必要にして十分。最高出力こそ211馬力ながら、最大トルクが太い! 低い回転域から3.5リッターターボ無しエンジンと同等のトルクを出す。ディーゼルエンジンのような出力特性なのだ。

少しアクセル深く踏めば「ぐい!」とトルク湧き出してくる。しかもターボラグをほとんと感じない。そのままアクセル踏んでいればドンドン車速は上がって行く。良いエンジンです。

日産 新型 スカイライン 200GT-t Type SP[ボディカラー:ラディアント レッド パールメタリック] 試乗レポート/国沢光宏 6

メルセデス・ベンツ製7速ATも滑らか。ほとんど変速ショックを感じさせない。それでいてアクセル踏めばスポーティに走ってくれる。

前述の通り高価で少し賑やかなことさえ考えなければ、良いクルマに仕上がっていると思う。せめて350万円を切っていたら、けっこう高い評価になったろう。

[レポート:国沢光宏]

日産 新型 スカイライン 200GT-t Type SP 主要諸元

日産 新型 スカイライン 200GT-t Type SP[ボディカラー:ラディアント レッド パールメタリック]

全長x全幅x全高:4800x1820x1450mm/ホイールベース:2850mm/車両重量:1680kg/乗車定員:5名/駆動方式:後輪駆動[FR]/エンジン種類:直列4気筒 DOHC ガソリン直噴ターボエンジン/総排気量:1991cc/最高出力:211ps(155kW)/5500rpm/最大トルク:35.7kg-m(350N・m)/1250-3500rpm/トランスミッション:マニュアルモード付フルレンジ電子制御7速オートマチックトランスミッション/燃料消費率:13.0km/L[JC08モード燃費]/タイヤサイズ:245/40RF19(ランフラットタイヤ)/メーカー希望小売価格:4,568,400円[消費税込]

筆者: 国沢 光宏

日産 スカイライン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 スカイライン の関連記事

日産 スカイラインの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイライン の関連記事をもっと見る

日産 スカイライン の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25