autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 【解説】メルセデス製2リッターターボ搭載!日産「新型スカイラインターボ 200GT-t」新型車解説/渡辺陽一郎 2ページ目

新型車解説 2014/5/26 12:41

【解説】メルセデス製2リッターターボ搭載!日産「新型スカイラインターボ 200GT-t」新型車解説/渡辺陽一郎(2/3)

【解説】メルセデス製2リッターターボ搭載!日産「新型スカイラインターボ 200GT-t」新型車解説/渡辺陽一郎

新型スカイラインターボは「電動油圧パワステ」、「ダイレクトアダプティブステアリング」はメーカーオプションに

日産 新型スカイラインターボ トランクルーム

新型スカイラインターボ 200GT-tの基本部分は、エンジンを除けば新型スカイライン 350GTハイブリッドを踏襲するが、ステアリングの仕組みが異なる。

新型スカイライン 350GTハイブリッドは、ハンドルの動きを電気信号に変換して操作し、走行レーンに沿うように走らせる機能を備えた「ダイレクトアダプティブステアリング」を採用しているが、新型スカイラインターボ 200GT-tでは一般的な電動油圧パワーステアリングになる。

ただし、2014年の秋には「ダイレクトアダプティブステアリング」もメーカーオプションとして設定されるという。

このほか、運転感覚を選択できるドライブモードセレクターは、ハイブリッドと同じく200GT-tにも採用された。

そして200GT-tでは、350GTハイブリッドと違ってボディの後部に駆動用のリチウムイオン電池を搭載しないため、トランクスペースが拡大している。350GTハイブリッドの容量は400リッターだが、200GT-tでは500リッターを確保する。

日産 新型スカイラインターボ 200GT-t Type SP(ボディカラー・ラディアント レッド)日産 新型スカイラインターボ 200GT-t Type P(ボディカラー・スーパーブラック)

新型スカイラインターボ 200GT-tのグレードは3種類。

ベーシックな「200GT-t」(383万4,000円)、前後左右にミリ波レーダーを張り巡らせ、衝突回避の支援を行う「200GT-t タイプP」(421万2,000円)、19インチタイヤやアルミペダルなどを備えた「200GT-t タイプSP」(456万8,400円)を選択できる。

継続生産されていた先代250GTは、消費税率を8%にして計算すると「307万5,840円」。新型スカイラインターボ 200GT-tは「383万4,000円」だから、約76万円の価格上昇となる。先代250GTにもカーナビは標準装着されており、値上げ幅が大きい。この点は差し引いて考える必要があるだろう。

先代250GTは販売促進を図るべく、消費増税前の税込み価格を300万円以下に抑えた経緯があるからだ。3.7リッターエンジンを搭載する370GT タイプPは、消費増税前の時点でも400万円を超えていた。新型で「買い得感が強まった」とはいえないが、実質的には40万円くらいの値上げと考えたい。

一方、新型スカイライン 350GTハイブリッドと比較すると、タイプSPを除けば(理由は後述する)、79万560円安い。

前述の「ダイレクトアダプティブステアリング&アクティブレーンコントロール」も省かれ、この価格換算額は約25万円と見積られるから、ハイブリッドの単価は約54万円(ダブルピストンショックアブソーバーを含む)。排気量が2気筒減る分は、ターボの装着と相殺される。

ちなみにフーガハイブリッド、レクサスGS450hでは、V6の3.5リッターあるいは3.7リッターエンジンをハイブリッド化するだけで、実質90万円の上乗せになる。この点は今までの新型スカイラインに関する解説でも触れているが、200GT-tとの比較でも、350GTハイブリッドの買い得感が裏付けられた。

日産 スカイライン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 スカイライン の関連記事

日産 スカイラインの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイライン の関連記事をもっと見る

日産 スカイライン の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25