autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 日産 新型セレナ vs ホンダ ステップワゴン どっちが買い!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2016/8/16 17:46

日産 新型セレナ vs ホンダ ステップワゴン どっちが買い!?徹底比較(2/4)

日産 新型セレナ vs ホンダ ステップワゴン どっちが買い!?徹底比較

視界・乗降性比較/新型セレナ vs ステップワゴン

日産 新型セレナホンダ ステップワゴン

セレナは発表前だから詳細なデータは明らかにできないが(それも販売店に出向けば分かるのだが・・)7月に行われたプロパイロットの報道発表会で試作車ではあるものの試乗することができたので、それらも踏まえながら進めていきたい。

 新型セレナとステップワゴンは、両車ともに背が高いミドルサイズのミニバンで、ボディの大きさはほぼ同じだ。

標準ボディは5ナンバーサイズに収まり、エアロパーツを備えたセレナハイウェイスターとステップワゴンスパーダは、少し拡大されて3ナンバー車になる。

日産 新型セレナホンダ ステップワゴン

視界も同等だ。新型セレナはインパネの上端を少し下げたり、フロントピラー(天井を支える柱)を細くするなど前方視界を改善したが、ステップワゴンも周囲は見やすい。

サイドウインドーの下端を低く抑え、左側面の死角を抑えるデザインにしたことも両車に共通する。

ドアを開くと、床の位置は両車でかなり異なる。ステップワゴンは2005年に発売された2世代前の3代目から、フラットフロア構造と低床設計を両立させ、床面地上高はスライドドアの部分で約390mmとした。

新型セレナは先代型とプラットフォームを共通化して、床の位置にも変更はないから、ステップワゴンよりも約70mm高い。新型セレナはサイドステップと呼ばれる小さな階段を介して乗り降りする形になるので、乗降性はステップワゴンが勝る。

床が低ければ、乗降性が良いだけでなく、低重心になって走行安定性が向上し、左右に振られにくいから乗り心地も快適にしやすい。そのために、ステップワゴンだけでなくトヨタのヴォクシー&ノアも現行型では床を85mm下げた。

新型セレナは低床設計を見逃した点でライバル車に見劣りしてしまう。

インパネ比較/新型セレナ vs ステップワゴン

日産 新型セレナホンダ ステップワゴン日産 新型セレナホンダ ステップワゴン

インパネのレイアウトは両車とも似ている。

メーターは上端の奥まった位置に装着され、視線と目の焦点移動を抑えた。質感は新型セレナが樹脂製パネルにステッチ風の処理を施して革張りの雰囲気を演出する。

ステップワゴンは光沢のあるブラックのパネルを使う。新型セレナが少し上質だが、さほど差はなく好みの範囲に収まる。

日産 セレナ 関連ページ

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24