autoc-one.jp 記事・レポート 特集 グレード比較 日産 新型セレナ グレード比較 3ページ目

新車グレード比較 2010/11/8 10:53

日産 新型セレナ グレード比較(3/3)

日産 新型セレナ グレード比較

日産 新型セレナ ハイウェイスター/引き続き売れ筋グレードになりそう

新型セレナ ハイウェイスター
新型セレナ ハイウェイスター新型セレナ ハイウェイスター

従来のセレナではハイウェイスターが売れ筋グレードになっていたが、新型セレナでも外観デザインが差別化されたハイウェイスターが売れ筋になるのは確実。

価格は249万9千円とちょっと高めだが、セレナは良く売れるクルマだけに「ほかの人と同じ仕様ではつまらない」と考える人も多くなると予想される。

ただ、ハイウェイスターには「フロントグリル」「前後エアロバンパー」「サイドシルプロテクター」「16インチアルミホイール」などが装着されているものの、標準車との外観の違いはそれほど大きくはない。標準車との違いを明確にするのであれば、ライダーくらいの迫力が欲しいところだ。

装備については、20Xと20Gの中間的なイメージ。エアロパーツ代だけで20万円くらいにカウントされるので、250万円の車両価格といっても快適装備はオプションになるものが多い。

「本革巻きステアリングホイール」や「プッシュエンジンスターター」「インテリジェントキー」などは20Gと同様にハイウェイスターにも標準で装備されている。

新型セレナ オゾンセーフフルオートデュアルエアコン

逆に「インテリジェントエアコンシステム」は装備されず、ハイウェイスターには「オゾンセーフフルオートエアコン+リヤクーラー」が標準。なお、他のグレードも含めて4WD車は「オゾンセーフフルオートデュアルエアコン」が標準だ。

また「ワンタッチオートスライドドア」は両側とも装着されずセットでオプション設定。この点では20Xよりも劣ってしまう。

しかし、ハイウェイスターはメカニズム面でも相違点が設けられていて専用チューンのサスペンションが用意されている。16インチタイヤと合わせて硬めでしっかりした乗り味となっている。

日産 新型セレナ 4WD車

新型セレナの4WD車は、2WD車に対し17万3千円高に設定されている。

エアコンが「デュアルエアコン」になることを考慮すれば実質的な価格差は15万円ほどになる訳で、他の車種に比べ価格差が小さめな印象を受ける。

ライダー/専用のエアロパーツを装着

新型セレナ ライダー

新型セレナにもオーテックジャパン製の「ライダー」が設定されている。

価格は2WD車で269万8千5百円とハイウェイスターからさらに20万円ほど高くなるが、迫力十分の専用エアロパーツが装着されるほか、内装にも違いが設けられている。

より差別化されたセレナが欲しい人向けのモデルだ。

長く乗るなら「20G」、短期所有は「ハイウェイスター」がお勧め

新型セレナを買って長く乗るのであれば、快適装備の充実度の高い「20G」がお勧め。アラウンドビューモニターを含めたカーナビなどをオプション装着すると、値引きや補助金を計算に入れても本体価格ベースで300万円級のクルマになるが、これが満足できるグレードといえる。

ただし、5年以内で代替を考えるなら、リセールバリューの差で「20G」よりも「ハイウェイスター」のほうが有利になる可能性が高い。5年も先のことは簡単には見通せないものの、中古車市場での人気はエアロ系が中心になるからだ。

ハイウェイスターにカーナビや両側のワンタッチオートスライドドアなどをオプション装着すると、価格は軽く300万円を超える。

なので、自分の代替サイクルを決めた上で、欲しい装備を慎重に選びたい。

筆者: 松下 宏

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27