autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 セレナ ライダー パフォーマンススペック by AUTECH 試乗レポート/渡辺 陽一郎

試乗レポート 2011/10/31 18:30

日産 セレナ ライダー パフォーマンススペック by AUTECH 試乗レポート/渡辺 陽一郎(1/3)

関連: 日産 セレナ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
日産 セレナ ライダー パフォーマンススペック by AUTECH 試乗レポート/渡辺 陽一郎

日産の新車ディーラーで買える人気のドレスアップ仕様「Rider(ライダー)」シリーズに新たな仲間

日産 セレナ ライダー パフォーマンススペック

日産車をベースにしたドレスアップモデルとして、高い人気を得ているのが「ライダー」シリーズ。オーテックジャパンが手掛け、エアロパーツを装着した仕様ながらも日産の新車ディーラーで買える。保証期間もベース車と同じ。個性的なクルマを手軽に購入し、維持できることがメリットだ。

そして先ごろ、セレナのライダーにパフォーマンススペックが加わった。

「セレナ ライダー パフォーマンススペック」は、他のライダーシリーズ同様のエアロパーツによるドレスアップに加え、ボディやサスペンションにも手を加えて走行性能を高めている。走りの違いは、ベース車のセレナと比較すると良く分かる。

車体や足回りまで手を加え、ミニバンが不得手な走行性能を向上させたオーテック渾身の1台

日産 セレナ ライダー パフォーマンススペック

まずはベース車のセレナだが、高重心のボディでありながら、走行安定性は悪くない。コーナリングやレーンチェンジでも、不安定な挙動には陥りにくい。ただし、後輪を安定させて進路を乱しにくくした結果、操舵に対する反応は鈍めだ。コーナーでは少し曲がりにくく感じる。

ミニバンだからスポーティに走るクルマではないが、曲がる時にハンドルを多めに回す感覚は気になる。「もう少しハンドル操作に対して正確に向きが変わるとイイなぁ」と感じるユーザーは多いだろう。

この挙動は、セレナのような5ナンバーサイズのハイルーフミニバンが背負う宿命だ。全高が全幅を上まわるボディで、乗り心地も重要。加えて多彩なシートアレンジを備えるなど高コストとなる要素を抱えながら、ライバルもひしめく激戦区だけに、価格は安く抑えねばならない。キチンと曲がる操舵の正確性は優先順位が低く、ややシワ寄せがきている。

とはいえ安全な運転をするには、曲がりにくい設定は好ましくない。後輪の接地性を高めれば不安定な挙動には陥りにくいが、曲がりにくいと、万が一速度を超過してコーナーに入った時にコースアウトの危険が伴う。また操舵感が鈍めだと、運転の仕方もルーズになりやすい。これも危険に繋がる。

セレナのライダーパフォーマンススペックは、上記の欠点を補った仕様と考えれば良い。ベース車に比べると小さな舵角の曖昧さが払拭され、反応の鈍さをあまり感じない。セダンやワゴンの操舵感覚に近づけている。

コーナリングも同様。ベース車のセレナより曲がりやすく、ドライバーが予想した以上にハンドルを回す特性を抑えた。

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26