autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 セレナ 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2010/12/13 18:24

日産 セレナ 試乗レポート(3/4)

関連: 日産 セレナ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部/茂呂幸正
日産 セレナ 試乗レポート

新型セレナで注目のアイドリングストップ機能を試す

走行性能はどうだろう。

最も注目されるのはエンジンの直噴化だ。最大トルクはノーマルタイプの2Lでは最大級の21.4kg-m。最高出力も147馬力と十分だ(いずれも2WD)。

ATは無段変速式のCVTで、エンジンのパワーを有効活用している。車両重量が1,600kgに達するから加速力に余裕があるとはいえないが、2Lエンジンを積んだハイルーフミニバンでは優れた部類。

新型セレナ

CVTの採用でエンジン回転の上下動が抑えられ、街中では滑らかに走れる。加速に移ると、エンジン回転が先行して上昇し、後から速度が高まる印象が少し強い。これは違和感に繋がると同時にCVTのメリットでもある。効率の良い回転域を積極的に使えるからだ。

ただし、最大トルクの発生回転数は4,400回転と少し高い。4,000回転以下で同程度のトルクを発生させれば、使いやすくなってエンジン回転が先行上昇する違和感も抑えられる。

動力性能は2Lエンジンを積んだハイルーフミニバンでは優れた部類だから、さらに洗練させて欲しいところだ。

新型で採用された機能として、アイドリングストップが注目される。

機能的な特徴は、エンジンの再始動時に発電機をモーターとして使うことだ。スターターに比べてノイズが抑えられ、再始動に要する時間も短い。

アイドリングストップ中にブレーキペダルの踏力を緩めていくと、滑らかに再始動する。ハンドルを回しても再始動するが、マーチに比べて反応を鈍く抑えた。

切り込むと、若干の重さを感じた次の瞬間に再始動する。違和感とも受け取れるが、マーチの神経質に再始動する印象は薄れている。

ATレバーがN/Pレンジでもアイドリングストップが行われ、この時はブレーキペダルから足を離しても再始動しない。しかし、シートベルトをはずすと再始動。ドライバーがアイドリングストップ中であることを忘れ、降車しないための配慮だ。

なお、アイドリングストップは、20Sを除いた全グレードに標準装着される。

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25