autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 いよいよ発売開始の日産 新型セレナ !話題の自動運転技術「プロパイロット」から売れ筋グレードまで徹底解説! 2ページ目

新型車解説 2016/8/24 10:16

いよいよ発売開始の日産 新型セレナ !話題の自動運転技術「プロパイロット」から売れ筋グレードまで徹底解説!(2/4)

関連: 日産 セレナ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
いよいよ発売開始の日産 新型セレナ !話題の自動運転技術「プロパイロット」から売れ筋グレードまで徹底解説!

インパネ周りは質感が向上し、居住性もアップ

日産 新型セレナ ハイウェイスター

内装ではインパネを左右に広がりを持たせるような形状に仕上げた。メーターはインパネ上部の奥まった位置に備わり、チェックする時の視線と目の焦点移動を抑えている。基本的な配置は先代型と同じだが、圧迫感を和らげるためにメーターフードの位置は10mm下げた。

カーナビが収まるインパネの中央部分は光沢のあるブラックで、手前に浮き上がったように見える。インパネには合成皮革が使われ、ステッチが入った最近の流行に沿ったデザインだ。先代型に比べると質感が向上した。

プラットフォームは2860mmのホイールベース(前輪と後輪の間隔)を含めて先代型と共通。床も下げておらず、小さなサイドステップを介して乗り降りする。低床設計を採用したホンダ「ステップワゴン」やトヨタ「ヴォクシー/ノア/エスクァイア」に比べると70mmほど高く、セレナの乗降性は見劣りする。

そのためにオーテックジャパンが取り扱うオプションとして、ロングステップ&ステップイルミネーションを設けた。スライドドアの開閉に連動してサイドステップがせり出し、地上高が205mmと低いから乗り降りをサポートする。

車内には従来どおり3列のシートが収まり、居住性は先代型よりも快適になった。

多彩なシートアレンジに、3列目にはスライド機能を備える

日産 新型セレナ ハイウェイスター日産 新型セレナ ハイウェイスター

最も注目されるのは3列目の改良だ。

先代型まで設定のなかった前後のスライド機能を採用して120mmの調節を可能にした。3列目のスライド位置を後端まで寄せた状態では、1列目から3列目までのヒップポイント間隔が先代型よりも66mm拡大する。これによって3列目の足元空間を拡大できた。5ナンバーサイズを基本とするミニバンで3列目にスライド機能を備えるのは、現時点ではセレナだけだ。

また3列目は着座位置を30mm高め、座面の柔軟性も増した。座り心地が向上して、先代型のような腰の落ち込む座り方にもならない。以上のように3列目シートは進化の度合いが大きい。

シートアレンジでは、先代型と同様、2列目の中央が1列目の間までスライドして、収納設備として活用できる。この状態では2列目の中央に左右220mmの空間ができるから、車内の移動がしやすい。

2列目には左右方向のスライド機能も備わり、中央に寄せるとスライドドア付近の間口が広がる。超ロングスライド装着車では、2列目を中央に寄せた状態で前後に690mm調節できるので、3列目に乗員が座らない時は2列目の足元を大幅に拡大できる。

3列目の格納は左右に持ち上げる方式で先代型と同じだ。低い位置で格納されるから、自転車を積む時もハンドルが干渉しにくい。

日産 新型セレナ ハイウェイスター日産 新型セレナ ハイウェイスター日産 新型セレナ ハイウェイスター日産 新型セレナ ハイウェイスター日産 新型セレナ ハイウェイスター

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25