autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 自動運転技術「プロパイロット」搭載でライバルを猛追!魅力の高まった新型「セレナ」【徹底解説】 2ページ目

新型車解説 2016/7/15 18:44

自動運転技術「プロパイロット」搭載でライバルを猛追!魅力の高まった新型「セレナ」【徹底解説】(2/3)

自動運転技術「プロパイロット」搭載でライバルを猛追!魅力の高まった新型「セレナ」【徹底解説】

存在感の高まった「フロントマスク」

日産 新型セレナ
日産 新型セレナ日産 新型セレナ

新型セレナのグレード構成は、従来と同じく標準ボディとハイウェイスターに分かれ、両タイプともフロントマスクの存在感を強めた。上側の方向指示器と下側のヘッドランプが明確に区分けされ、ヴォクシーやヴェルファイアに似た売れ筋路線の顔立ちだ。

ウィンドウの下端は従来型と同じく低めに抑えられ、側方や後方の視界も良い。

車内の広さは先代型と同程度だが、5ナンバーサイズが基本のミニバンとしては十分に広い。新型セレナでは、質感と居住性をさらに高める。インパネは左右方向の広がりを強調した。メーターは現行型と同じく高い位置に装着されて視認性が良い。

ただし、ドライバーの体格によっては圧迫感が伴って前方が見にくく感じるため、フロントピラー(柱)の形状を工夫して前方視界を改善した。

3列目シートは前後スライドが装備されてより使いやすく

日産 新型セレナ
日産 新型セレナ日産 新型セレナ

1/2列目のシートは、背中から骨盤の支え方を見直している。従来型に比べてサポート性が良くなった。

そして3列目の改善が、機能面では一番のメリットだろう。3列目のシートは、前後方向のスライド機能を新たに装着。後端まで寄せると、現行型よりも足元空間が広がる。着座位置も少し高めたから、現行型と違って腰の落ち込む窮屈な姿勢になりにくい。

シートアレンジは従来型と同様に多彩だ。2列目には長いスライド機能が付いて左右に3分割されている。2列目の中央のみを前方にスライドさせると、車内に通路ができて後席への移動がしやすい。

リアゲートは、上半分が開閉できるようになって便利に!

日産 新型セレナ

リアゲートの使い勝手も改善されて、上半分だけを開閉できるようにした。

リアゲートのウィンドウが開閉するガラスハッチは珍しくないが(2代目日産プレサージュなども採用した)、新型セレナではさらに低いメッキのプレートが装着された部分から開くため、荷室の床に置いた荷物の出し入れもしやすい。

背の高いミニバンのリアゲートは上下寸法が長く、開閉時に手前へ大きく張り出す。そこで新型セレナは上側だけを開閉可能にして、後方への張り出しを抑えた。ちなみに競合車種であるステップワゴンでは、リアゲートに横開き式のサブドア「わくわくゲート」を内蔵。開閉に必要なスペースを小さく抑え、乗員の乗り降りも可能にしている。

主力エンジンは、従来と同様の「Sハイブリッド」

エンジンの主力は、従来型と同様の「Sハイブリッド」。

コンパクトなモーターが減速時を中心とした発電、アイドリングストップ後の再始動、さらにエンジン駆動の支援を行う。モーターの駆動力は小さく一般的なハイブリッドと機能が異なるが、燃費の節約効果は大きい。

JC08モード燃費は「17km/L」以上に改善される見込みで、現行型の20X・Sハイブリッドの「16km/L」よりも少し向上する。1.5リッターのターボを搭載するステップワゴンの「17km/L」と同等だ。

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24