autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 自動運転技術「プロパイロット」搭載でライバルを猛追!魅力の高まった新型「セレナ」【徹底解説】

新型車解説 2016/7/15 18:44

自動運転技術「プロパイロット」搭載でライバルを猛追!魅力の高まった新型「セレナ」【徹底解説】(1/3)

自動運転技術「プロパイロット」搭載でライバルを猛追!魅力の高まった新型「セレナ」【徹底解説】

新型「セレナ」の登場で、売れ筋ミニバンが出揃った!

「ミニバン」が普及しだしてから約20年が経過した。2000年前後は「ミニバンブーム」などといわれたが、今ではかなりの台数が普及したこともあって、目新しさでミニバンが購入されることはなくなった。

今日のクルマ選びにおいては、合理性や経済性が重視される。ミニバンは、空間効率という点においては優れているものの「せっかくミニバンを購入したけれど、結局は空気を運んでいた」という話も聞かれる。ミニバンの販売比率も、以前に比べると低下している。

日産 新型セレナ

しかし、最近になってミニバンはフルモデルチェンジが続き、再び注目を集めている。

昨年、2015年1月に「トヨタ ヴェルファイア&アルファード」、同年4月に「ホンダ ステップワゴン」、同年7月は「トヨタ シエンタ」、そして直近では2016年6月に「トヨタ エスティマ」が大幅なマイナーチェンジを実施した。

そして、2016年8月25日に「日産 セレナ」がフルモデルチェンジを実施する。5ナンバーサイズが基本の2リッターエンジンを搭載する背の高いミニバンで、歴代モデルにわたり好調に売れてきた。

これで、ミドルサイズミニバンの売れ筋車種「トヨタ ヴォクシー/ノア/エスクァイア」「ホンダ ステップワゴン」「日産 セレナ」がそろって新しくなり、選びやすくなりそうだ。

従来と同じプラットフォームを継承・・・厳しい制約のなかでのフルモデルチェンジ

ミニバンは国内向けに開発され、同じユーザー層をターゲットにするから競争も熾烈。

結果、フルモデルチェンジは「後出しジャンケン」の繰り返しになった。ライバル車を見据えて開発を行い、着実に進化させないと追い抜かれるから、互いに商品力を高め合っている。

特に、近年のミニバンで注目される進化は「プラットフォーム」だ。

2005年に発売された3代目ステップワゴンが大幅な低床化を行い(2015年に登場した5代目の現行型も同じベースを使う)、ヴォクシー&ノアも現行型では床の位置を85mm下げた。低床化すれば乗り降りがしやすくなり、重心高が下がって走行安定性や乗り心地も向上させやすい。

日産 新型セレナ

ところが、新型セレナは床を下げない。

開発者に尋ねると「プラットフォームは従来型と共通で、床の高さもほぼ同じ。つまりボディの下側は変わらず、上側を造り替えた」という。床は相変わらず高く、乗降用のサイドステップが付く。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)の数値にも変更はない。

プラットフォームを変えないフルモデルチェンジは多いが、前述のようにセレナは激しい競争を展開している。その相手が低床化で機能を幅広く進化させていることを考えると、セレナが後出しジャンケンで負けている印象は否めない。それでも厳しい制約の中で、デザインや機能を向上させる。

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22