autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 リーフ 一般試乗会 現地レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/8/3 20:32

日産 リーフ 一般試乗会 現地レポート(2/4)

関連: 日産 Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史/オートックワン編集部
日産 リーフ 一般試乗会 現地レポート

100名もの一般参加者がリーフに試乗!

午前9時40分過ぎ、第1グループが日産本社から試乗現場に向かって歩いてきた。

ネット公募で集まった参加者は、1グループ25人x4で合計100人。彼らはきょう1日、電気自動車にドップリとつかる。

室内で電気自動車に関する座学とここでの試乗、午後2時半から神奈川県松沢成文知事の電気自動車に関する講演会(講演会のみ視聴者含めて会場には600人)に参加、その後は日産本社6階の社員食堂で電気自動車について語り合う市民ミーティングに参加、という充実したスケジュールだ。

試乗会場にはリーフのほか、もう一台の電気自動車の姿が。

これは、昭和22年に日産の前身である「プリンス自動車工業」のさらに前身の「たま電気自動車」が販売した、「E4S-47」型。NTC(日産テクニカルセンター/神奈川県厚木市)の有志による「名車再生サークル」が当時の資料に基づきレストアしたものだ。

たま電気自動車は、同初期型を14台、改良型214台を25万円で販売した。当時の教員初任給は2,000円であるので、同車は2010年換算すれば2,000万円以上の超高級車である。

今回のリーフ試乗参加者の中で、1グループから抽選で3人だけに「たまE4S-47」の貴重な同乗走行がプレゼントされた。

さて今回の参加者は100人、ザッと見て、男女比が85:15。年齢は30~40代が中心で、50代、60代の方も多い。20代はやや少なめの印象だ。外国人も1名(米国務省の外交官で日本語研修センターのディレクター)いた。

筆者は、試乗を終えた直後の参加者たちにボイスレコーダーを向け「電気自動車への思い」を聞いた。

次頁からは、その声をお届けする。ちなみに各人の年齢は筆者による推定だ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25