autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 リーフ プロトタイプ 試乗レポート/岡本幸一郎

試乗レポート 2010/6/18 14:56

日産 リーフ プロトタイプ 試乗レポート/岡本幸一郎(1/4)

関連: 日産 Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
日産 リーフ プロトタイプ 試乗レポート/岡本幸一郎

期待のEV「日産 リーフ」に早速試乗!

日産 リーフ

今年の12月に発売に先駆けて、早くも話題騒然の100%電気自動車(以下EV)、日産リーフの試作車に試乗することができた。

以前も日産のEVの試作車に試乗したことがあり、そのときの率直な印象は、どうにも未熟感の残るものではあった。しかし今回の試作車は、おそらくかなり量産車に近い状態となっているはずなので、どこまで進化しているのか、とても興味深かった。

リーフの車体は、ティーダあたりをベースとしているようにも見えなくもないが、EVとしてまったく新規に起こしたものだ。

日産 リーフ

横からだと意外と普通のクルマに見えるものの、ディテールを見ると異様に未来感のあるデザインだったりする。ご参考まで、リーフの電気モーターの最高出力は80kW、最大トルクは280Nm。バッテリー容量は24kWh。

この数字だけ見てもよくわからないかもしれないので、比較にi-MiEVの数値を見てみると、それぞれ47kW/3,000~6,000rpm、最大トルク180Nm/0~2,000rpm。バッテリー容量は16kWhとなっている。

おそらく車両重量は、リーフはi-MiEV(1080kg)の1.5倍ぐらいだと思われるので、性能的には拮抗する部分が大きいのではないかと思う。

航続距離については、リーフは米国LA4モード、エアコンオフの状態で160km以上とされている。モードが異なるのでi-MiEVと単純比較はできないが、おそらくこれもいい勝負だろう。

また、どんな感じなのか気になっていた「車両接近通報音」なるものを、この機会に初めて聴いた。

30km/hまでの低速走行時に、ノーズに設置されたスピーカーから電子音が発せられ、歩行者に存在を知らせるというもので、あまり耳障りな印象もないし、カッコ悪い音でもなくてちょっと安心した。

いざ自分がこのクルマで住宅街を走ることを想像しても、これなら恥ずかしい思いをせずにすむだろう。

日産 リーフ日産 リーフ日産 リーフ日産 リーフ日産 リーフ
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21