autoc-one.jp 記事・レポート 特集 フォトギャラリー 【フォトギャラリー】オーテックジャパン ”ファクトリーカスタム”のあたらしいカタチ「日産 ノート AXIS」&「キューブ AXIS」

フォトギャラリー 2013/5/4 00:00

【フォトギャラリー】オーテックジャパン ”ファクトリーカスタム”のあたらしいカタチ「日産 ノート AXIS」&「キューブ AXIS」(1/2)

【フォトギャラリー】オーテックジャパン ”ファクトリーカスタム”のあたらしいカタチ「日産 ノート AXIS」&「キューブ AXIS」

日産 ノート・キューブ「AXIS(アクシス)」を徹底チェック!

日産 キューブ

日産の関連会社、オーテックジャパンが造るカスタムカーの代表作といえば、先日デビュー15周年を迎えた「Rider(ライダー)」が真っ先に挙げられるだろう。その始まりは、アメリカンテイストのビレットグリルが強い存在感を放つ、1998年に誕生した初代「キューブ ライダー」から。以降、高級ミニバン「エルグランド」から軽自動車に至るまで幅広いラインナップを拡大し、今では日産カスタムカーの定番商品へと成長した。

しかーし!

忘れてはならないもうひとつの柱がオーテックジャパンにはある。その名は「AXIS(アクシス)」。ライダーとはひと味もふた味も違う個性を持つ、魅力的なコンプリートカーなのだ。

アクシスが目指すのは「オーセンティックな上質さ」

日産 ノート AXIS(アクシス)[2WD/DIG-S エコスーパーチャージャー/ボディカラー:オーロラモーヴ(特別塗装色)]
日産 ルネッサ アクシス[1997年]

日産のカスタムモデル「AXIS(アクシス)」のデビューは、意外なことにRider(ライダー)よりも早い1997年、個性的なスペースワゴン「ルネッサ」からスタートしている。その後、ミニバンの初代「プレサージュ」や「バサラ」、「プレーリー リバティ」などに展開。さらに2代目「ステージア」や初代「ティアナ」、「ティーダ」などにラインナップされ、次第にオーテック製コンプリートカー第2のキャラクターを確実なものとしていった。

現在販売される日産車でAXIS(アクシス)シリーズをラインナップしているのは、2代目「ノート」、3代目「キューブ」、そして2代目「ティアナ」の3車種。Riderシリーズ特有の強い存在感と比べると外観上の差別化は控えめだが、乗り込んでみればその違いは明白だ。

AXISが目指す世界観は「オーセンティック」「上質」。この場合のAuthenticとは「ホンモノの」といった意味あいである。いずれのモデルも、特にインテリアに対してクラスを超えた魅力を与えている。

日産 プレサージュ アクシス[1998年]日産 ステージア アクシス[2002年]日産 ティーダ アクシス[2004年]日産 ティアナ アクシス[現行モデル]日産 ティアナ アクシス[現行モデル] インテリア

バリューなノートに設定されたプレミアムな1台「ノート AXIS」

日産 ノート AXIS(アクシス)[2WD/DIG-S エコスーパーチャージャー/ボディカラー:オーロラモーヴ(特別塗装色)]
日産 ノート AXIS(アクシス)[2WD/DIG-S エコスーパーチャージャー/ボディカラー:オーロラモーヴ(特別塗装色)]

ここでは最新の「日産 ノート(NOTE)」「キューブ(CUBE)」の各AXISにスポットを当て、それぞれのオーセンティックな上質さについて、順を追って紹介していこう。

まずは、2013年2月に追加設定された「ノート」AXISから。

2012年9月に登場した2代目「ノート」は、クラストップの低燃費性能と力強い走りを両立したエコスーパーチャージャーエンジンや、広い室内、親しみやすいデザイン、バリュー度の高い価格設定など、時代が求める性能を全方位に極めた人気コンパクトカーである。

そんな実用車の鑑(カガミ)とでも言うべきノートだからこそあえて設定されたのが、ここで紹介するプレミアムなモデル「ノート AXIS」だ。

日産 ノート AXIS(アクシス)[2WD/DIG-S エコスーパーチャージャー/ボディカラー:オーロラモーヴ(特別塗装色)] 185/65R15 88Sタイヤ+専用15インチアルミホイール日産 ノート AXIS(アクシス)[2WD/DIG-S エコスーパーチャージャー] リアシート日産 ノート AXIS(アクシス)[2WD/DIG-S エコスーパーチャージャー] フロントシート日産 ノート AXIS(アクシス)[2WD/DIG-S エコスーパーチャージャー] インテリア日産 ノート AXIS(アクシス)[2WD/DIG-S エコスーパーチャージャー] 専用木目調センタークラスターフィニッシャー

細やかな気配りでドレスアップされたカスタムモデル

日産 ノート AXIS(アクシス)[2WD/DIG-S エコスーパーチャージャー/ボディカラー:オーロラモーヴ(特別塗装色)]

もともとノートには、合皮レザー/スウェード調コンビシートやピアノブラックパネルといった室内の仕立て、装備の充実化などで差別化を図った上級グレード「ノート MEDALIST(メダリスト)」がラインナップに用意されており、モデル自体が消滅した上級コンパクト「ティーダ」や、より大きな高級モデルからの代替需要に応えている。しかしノート AXISはさらにその上をいく設定とされ、専用デザインの本革シートや木目調パネルによりドレスアップされている。

木目調パネルはこれ見よがしにぎらぎらした質感ではなく、トーンを抑えた品のいい雰囲気。さらに高級車「フーガ」との共通性を想わせる銀粉加工処理で、上質に仕立てられた。本革シートもセンター部にギャザーを与え、木目との相性を考慮したパイピングを加えるなど、少量生産モデルならではの細やかな気配りがなされたカスタムカーなのだ。

もちろん外観上も、専用のフロントグリルを与え差別化を図っている。同じく専用のメッキグリルを持つノート Riderとは違い、メッキの配し方や形状もより繊細なデザインとして、さりげない高級感を得た。特別色「オーロラモーヴ」など4色のボディカラー、2WD(1.2 DIG-S)と4WD(1.2)の2タイプが用意され、価格は1,795,500円[消費税込]からとなっている。

続いてはもう1台のアクシス、「キューブ AXIS」についてご紹介しよう。こちらもオーテックジャパンのこだわりが濃密に詰まった1台となっている。

[次ページへ続く]

日産 ノート AXIS(アクシス)[2WD/DIG-S エコスーパーチャージャー/ボディカラー:オーロラモーヴ(特別塗装色)] エクステリア・フロント正面日産 ノート AXIS(アクシス)[2WD/DIG-S エコスーパーチャージャー/ボディカラー:オーロラモーヴ(特別塗装色)]日産 ノート AXIS(アクシス)[2WD/DIG-S エコスーパーチャージャー/ボディカラー:オーロラモーヴ(特別塗装色)] エクステリア・サイドビュー日産 ノート AXIS(アクシス)[2WD/DIG-S エコスーパーチャージャー/ボディカラー:オーロラモーヴ(特別塗装色)]日産 ノート AXIS(アクシス)[2WD/DIG-S エコスーパーチャージャー/ボディカラー:オーロラモーヴ(特別塗装色)] エクステリア・リア正面

日産 ノート 関連ページ

日産 キューブ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ノート の関連記事

日産 ノートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ノート の関連記事をもっと見る

日産 ノート の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20