autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日産 ノート 新型車徹底解説 4ページ目

新型車解説 2005/1/1 12:54

日産 ノート 新型車徹底解説(4/6)

関連: 日産 ノート Text:
日産 ノート 新型車徹底解説

コンパクトなボディに秘めた広い室内空間

ノートはティーダと兄弟関係にあって、ホイールベースなどは同一の寸法を用いている。パッケージング的に見ても、4ドア+リヤハッチというショートワゴンタイプと同じだ。ただし、全長はノートのほうがティーダよりも短く設定されている。

4mを切る全長でありながら室内長は1835mmという長い数値を確保。室内長が長いことで知られるティーダは2035mmを確保しているのでその差は200mmだ。しかし、全長を比べてみるとティーダはノートよりも215mm長い。いかに上手なパッケージング行われているかはデータからもあきらかだ。

装備関係についても十分に納得のいくものが用意されている。グレード展開は上級の15RX、中間の15E、ベーシックの15Sの3種で15Sと15Eには電動アシスト4WDも用意。さらに15Eには装備を少し追加したVパッケージもある。15E以上であればインテリジェントキーやイモビライザー、オートエアコンなども標準装備だ。

同じ血を引き、スタイル的にも似ているティーダはリヤシートにスライド機構を備えるが、ノートにはこの装備ない。ノートは短い全長を生かすことをねらったクルマなので、リヤにスライド機構を付けることをやめ、もっとも使い勝手のいい位置でリヤシートを固定した。室内のアレンジには制約を受けることになるが、リヤシートスライドを必要としないユーザーに余分なコストを負担させる必要はなく、これは正しい選択といえる。

日産 ノート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ノート の関連記事

日産 ノートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ノート の関連記事をもっと見る

日産 ノート の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22