autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日産 モコ 新型車徹底解説

新型車解説 2006/2/1 18:06

日産 モコ 新型車徹底解説

関連: 日産 モコ Text: Photo: 島村栄二
日産 モコ 新型車徹底解説

日産らしいデザインクオリティのスモールカー

日産の軽自動車「モコ」がフルモデルチェンジした。スズキの「MRワゴン」からのOEM車だが、MRワゴンは“かわいい”のに対し、モコはそれプラス“カッコイイ”も備わったクルマとなっている。

モノフォルムデザインがスタイリッシュな新型モコ。ノンターボ車とターボ車でそれ程大胆な違いはつけず、ターボ車にはカジュアルでスポーティな感覚のフロントグリルや14インチアルミロードホイール、フォグランプが装備される程度。ターボ車に”走り”のイメージを押し付けるようなことはしていない。そのほか、Aピラーはグレードによって、ボディカラーと同色のものとブラックアウトピラーが用意されている。外装色は日産専用色を含む全8色。なお、大型ヘッドランプとラジエーターグリルに、MRワゴンとの違いを表している。

インテリアは、シンプルで見易い大型スピードメーターを設定、メーターの中央部にはシフトポジションインジケーターを表示するなど、ドライバーに優しいデザインとなっている。そして、モコのロゴがあしらってあるオシャレなシートは、ベンチシートでゆったり座れて運転席/助手席の移動もスムーズな前席と、5:5分割の後席はシートスライドとリクライニングができて、ワンタッチ操作のダブルフォールディングシートとなっている。こんなモコの内装色は、ボディカラーに合わせたカラー2色が用意されている。

軽自動車初装備として、消臭シート&吸音・消臭天井が全車に標準装備されている。そのほか、UVカットガラスやステアリングなどに抗菌仕 様。ディーラーオプションでは花粉に対応するクリーンフィルターなど、嬉しい装備が満載である。

エンジンは、エコノミーでクリーンなK6A DOHC VVTエンジンと、パワフルな加速も可能なK6A DOHC インタークーラーターボエンジンを搭載。軽ハイトワゴン トップレベルの21km/Lという低燃費を実現。平成17年基準排出ガス75%低減レベル(ターボ車は平成17年基準排出ガス50%低減レベル)など、環境性能にも充分配慮されている。

かわいくて、カッコイイ。それだけでなく、シートアンダートレイがついて座面を上げれば買い物袋やバックが収納できるボックスとなっている助手席など利便性にも優れた、万能コンパクトカーとなっている。

日産 モコ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 モコ の関連記事

日産 モコの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 モコ の関連記事をもっと見る

日産 モコ の関連ニュース

  • 日本における「新車初期品質」トヨタが1位

    自動車ニュース

    日本における「新車初期品質」トヨタが1位

    「J.D.パワーの自動車初期品質調査」は、世界各国で実施され新車の品質を調べる業界のベンチマークの役割を果たしている。今年で5回目となる20....

  • 日産、「モコ」をマイナーチェンジ

    自動車ニュース

    日産、「モコ」をマイナーチェンジ

    日産は、スズキよりOEM供給を受けているモデル「モコ」をマイナーチェンジし、10月16日より販売開始した。販売価格(消費税込)は、1,160....

  • 日産、「モコ」の一部仕様を向上

    自動車ニュース

    日産、「モコ」の一部仕様を向上

    日産は、「モコ」の一部仕様を向上し、7月26日(金)より販売開始した。併せて、関連会社であるオーテックジャパンでは、特別仕様車「エアロスタイ....

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21