autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート “350万円オーバー”のマーチ限定車、オーテック・マーチボレロ A30

試乗レポート 2016/12/31 08:00

“350万円オーバー”のマーチ限定車、オーテック・マーチボレロ A30

AUTECH MARCH Bolero A30

AUTECH MARCH Bolero A30

日産車のカスタムをコンプリートカーとして製造しているオーテックジャパンによる、30台限定の創立30周年記念モデル。

元々は社員研修の一環として企画されたそうで、それゆえ採算度外視、妥協なく手を掛けながら造り上げたモデルとなっている。トランスミッションは5速MT。商談は抽選となるほどの人気ぶりで、すでに完売している。

AUTECH MARCH Bolero A30

スカイラインの生みの親である櫻井眞一郎氏が初代社長をつとめたオーテックが創立30周年を迎え、その記念としてスペシャルなモデルを限定発売した。マーチ・ボレロ A30だ。

ご覧のようにベースとなったのはタイで生産されている現行マーチ。僕のなかではもっとも残念な日産車という認識だが、ボレロA30は似て非なるクルマに仕上がっている。

AUTECH MARCH Bolero A30

90mm!拡大したトレッドと、それを収めるべく大胆に張り出したフェンダー、専用フロントマスクなど、まずは外観の迫力に圧倒された。

中身も負けていない。エンジンはノートNISMOにも搭載される1.6L 直4自然吸気をさらにチューニングしたもの。ルマン24時間レースに出場した名工が一台一台入念な調整をしながら手組みしているというのも泣かせる。

肝心要のボディも単なる補強にとどまらない。ボレロA30の駆動方式はFFだが、リアフロアはより剛性の高い4WD用を移植。そのうえで各部に補強を施した。このあたりは日産直系のオーテックだからこそできたこと。価格は356万4000円に達し、手作りのため生産台数も30台限定だが、街のチューニングショップがここまでの大改造を施すのは至難の業である。

AUTECH MARCH Bolero A30

走り出すと、最高に楽しい!高度にチューニングした自然吸気エンジンは最新のダウンサイジングターボのような太い低中速トルクこそないものの、刺激性を増しながらトップエンドまで元気いっぱいに回りきる。

鋭いレスポンスと乾いたサウンド、そして「カムに乗る」という表現がぴたりとくる懐かしいフィーリングを僕は存分に楽しんだ。意外にもしなやかで懐の深いフットワークを含め、そこにはあの残念なマーチの面影はまったくない。

オーテックの技術力とノウハウ、それを支える職人さんたちの技にはただただ敬意を示すしかない。と同時に、このクルマのよさを1割でも2割でもいいから普通のマーチに移植して欲しいと思った。

[Text:岡崎五朗]

AUTECH MARCH Bolero A30AUTECH MARCH Bolero A30AUTECH MARCH Bolero A30AUTECH MARCH Bolero A30AUTECH MARCH Bolero A30
AUTECH MARCH Bolero A30AUTECH MARCH Bolero A30AUTECH MARCH Bolero A30AUTECH MARCH Bolero A30AUTECH MARCH Bolero A30

日産 マーチ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 マーチ の関連記事

日産 マーチの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 マーチ の関連記事をもっと見る

日産 マーチ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/21~2017/8/21