autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 「癒し系なのにちょっと生意気」オーテックジャパン創立30周年記念車「マーチ ボレロA30」試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2016/9/9 19:27

「癒し系なのにちょっと生意気」オーテックジャパン創立30周年記念車「マーチ ボレロA30」試乗レポート(3/5)

関連: 日産 マーチ Text: 山本 シンヤ Photo: 小林岳夫
「癒し系なのにちょっと生意気」オーテックジャパン創立30周年記念車「マーチ ボレロA30」試乗レポート

NAならではのスペシャルチューニングを実施

オーテックジャパン創立30周年記念車「March Bolero A30」試乗レポート/山本シンヤ

A30のエンジンは「ノートNISMO S」に搭載されるHR16DEをベースにオーテックのレースエンジン/高性能エンジン開発の技術やノウハウを活かした逸品だ。NAチューンの王道と言える内容のスペシャルチューニングが施され、スペックは150ps/7000rpm、160Nm/4800rpmとなっている。

その仕上がりは「現代に蘇ったテンロク」と言えるだろう。

>>「March Bolero A30」画像ギャラリー

7500回転まで軽々吹け上がる高レスポンス

オーテックジャパン創立30周年記念車「March Bolero A30」試乗レポート/山本シンヤオーテックジャパン創立30周年記念車「March Bolero A30」試乗レポート/山本シンヤ

最近のクルマは燃費や排ガス対応のため、スロットルレスポンスの反応がイマイチで眠いエンジンの場合が多いが、A30のエンジンはアクセルとスロットルバルブが直結しているかのようなレスポンスの良さを実現している。

レッドゾーン7100rpmを超えてレブリミット7500rpmまで一気に軽々吹け上がる高回転域だけでなく、ルーズな走りも許容する低中速域トルクの太さは、ダウンサイジングターボでは味わえない、NAチューンの魅力と言えるだろう。

エンジンサウンドも吸気音と排気音が上手くミックスされており、音量ではなく音質で聞かせるタイプだ。

A30のエンジンに組み合わされるトランスミッションは、専用ギア比の5速MT。フィーリングは個人的にはもう少しカッチリした節度感があるといいが、軽い操作でも確実にシフトが決まる。「6速が欲しい」と言う気持ちも解るが、トルクバンドが広いので一般道では困ることはなかった。

日産 マーチ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 マーチ の関連記事

日産 マーチの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 マーチ の関連記事をもっと見る

日産 マーチ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23