autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エコカーの真相 エコカーの真相/第六回 リーフ NISMO RCは本当に必要か?

エコカーの真相 2011/6/7 17:34

エコカーの真相/第六回 リーフ NISMO RCは本当に必要か?(1/3)

関連: 日産 リーフ Text: 桃田 健史 Photo: オートックワン編集部
エコカーの真相/第六回 リーフ NISMO RCは本当に必要か?

まさか本気(マジ)で走るとは!?

リーフ NISMO RC
リーフ NISMO RCリーフ NISMO RC

2011年6月6日、袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県袖ヶ浦)。カーボンファイバーむき出しの、「いかにもプロトタイプ」に見えるレースカーが走行した。

これは、日産「リーフ NISMO RC」。

今年4月20日に米ニューヨークショーで世界デビューした車両の実走行版だ。NY現地で多くの米国人は「ただのショーモデル。まさか本気で走るマシンじゃないはず」と思った。

ところが、日産は本気だったのだ。

これまでに公開されている車両データは、最高出力80kw、0-100km/h加速6.85秒、最高速度149km/h、車両重量はノーマル「リーフ」対比で約40%減。

リーフ NISMO RC

リチウムイオン二次電池は「リーフ」と同型のAESC(オートモーティブ・エナジー・サプライ社製)。搭載位置は「リーフ」が車体中央下部であるのに対し、「リーフNISMO RC」ではコックピットの後部に直方形の電池パックを仕込んだ。

電池容量は未公開だが「レーシングスピードで走行して巡航可能時間は約20分間」というのが日産側の説明だ。またモーターとインバータも「リーフ」と同型で、搭載方法はリアサスペンションと一体ユニット化されている。

日産は同マシンを、仏ルマン24時間レースでデモ走行させた。さらに日産関係者によると、来年から同マシンによるワンメイクレースなどを日米欧各地で開催したいという。

では、なぜ日産はこの時期、リーフのレース仕様を作ったのか。

将来のスーパーGTを見据えて?

「リーフ」のスーパーカーバージョンが出るから?

ゴーンCEOの趣味だから?

いやいや、それらはどれも不正解。かといって、日産側も「(ワンメイクレースという目先の話はあるにしろ、根本的な方向性としての)明確な答え」を用意していない。

日産側としては「未来の自動車の可能性を探って・・・」と言うに止まる。

では日産に代って、筆者がズバリ言おう。

日産 リーフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 リーフ の関連記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25