autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 日産先進技術説明会&体験会レポート/飯田裕子 2ページ目

イベントレポート 2013/1/8 21:11

日産先進技術説明会&体験会レポート/飯田裕子(2/3)

関連: 日産 リーフ , 日産 NV200バネット , 日産 ノート Text: 飯田 裕子 Photo: オートックワン編集部
日産先進技術説明会&体験会レポート/飯田裕子

エンジンブレーキでブレーキ&コーナリングをアシスト

日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート

『アクティブ・エンジン・ブレーキ』はドライビングをアシストする制御技術と言えるだろう。これは読んで字のごとく、ドライバーの減速や制動をアシストするべくエンジンブレーキをアクティブに制御するというものだ。

これには二つの機能がある。

1つはブレーキのアシスト機能。ドライバーのブレーキ操作量に応じてエンジンブレーキを付加させてドライバーのブレーキ踏み増し操作を低減。

そしてもう1つがコーナーアシスト。走行中の車速やハンドルの舵角、挙動などをECUが常にモニターし、ドライバーが減速を必要とする場面で状況に応じ、CVTのエンジンブレーキをコントロールして減速をアシストしてくれるのだ。

一般的にコーナーでの運転操作と言えば、ハンドル操作、ブレーキでの減速、シフトチェンジなどを行うが(MTの場合)、この技術はハンドルの操舵角とスピードを計算し、状況に応じた強さのエンジンブレーキを効かせてくれる。そこで常識的な運転範囲であればアクセルとハンドル操作だけでコーナリングできるのだ。

実際に試乗では70~80km/hでコーナーに進入し、アクセルを戻すだけで適度なエンジンブレーキがかかりブレーキングすることなくコーナー旋回ができた。これまでブレーキングが必要だったコーナーもアクセルオフだけで曲がれることで、運転操作がシンプルになり楽だ。そして安定したコーナリングが山間部のドライブを楽しくしてくれるだろう。

ハンドルと車速で横Gをセンシングし、エンジンブレーキの強弱を調整するため、CVTとVSCさえ搭載されていればこの新技術は採用可能になる。ちなみにエンジンブレーキはナチュラルにかかるので、滑りやすい路面では滑るほどではないそうだ。

またこれまで赤信号などで停止する際、信号の手前で停止直前に踏み増しが必要だった場面で、アクティブ・エンジン・ブレーキが大きな減速を発生させてアシストしてくれる。止まりきれずに停止線をまたいで止まる・・・なんてことも無くなるという。

ドライバーの「ここで減速したい」や「こう止まりたい」というイメージをサポートし、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み替え操作も軽減することで運転を楽にするだけでなく、ブレーキパッドの消耗抑制にも繋がるというから嬉しい。

日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート

自動駐車アシストを非接触充電駐車で体験

日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート

前回の説明会では、EVのリーフの登場に合わせて次世代の充電システムとして非接触充電システムが紹介されていた。

関連コンテンツ

日産先進技術試乗会2010

充電パネルの上にクルマを駐車するだけで充電が可能になるこのシステムは実用化に期待がかかる。ただコストやインフラ整備、さらに非接触充電器の上にEVを駐車する“位置合わせ”がある程度正確に行われないと充電効率が落ちてしまうという課題がある。

非接触充電は地上側にあるコイルで造る磁力を車輌側のコイルで受けて電気に変換するというシステム。ノズルを差し込む必要がなく便利なのだが、位置によって効率が落ちるというのが課題なのだ。ドライバーにとっては微調整が心配だった…。

今回は非接触充電をよりスムーズに利用しやすくするために、リーフに新たな機能が追加されていた。それが自動駐車アシストの導入だ。

日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート

トヨタではすでに先代のプリウスから採用されているが、日産では新技術となる。プリウスはバックモニターとの協調制御を行っているが、日産は既に多くのモデルでも採用済みの俯瞰でクルマを観ることができるアラウンドビュー・モニターを採用している点が新しい。

日産はアドバンスド・パーキング・アシストで採用済みのアラウンドビュー・モニターの画像を利用し、これに電動パワステの制御を組み合わせた技術によって、ハンズフリーで駐車するシステムを実現。非接触充電の利便性を向上させる狙いだ。

アラウンドビュー・モニターで映し出されるカメラの画像で「ここに止めたい」と位置を決めれば、ブレーキ操作以外は自動で行ってくれる。そして位置が決まると「ポーン」という音で知らせてくれる。

私にとっては初めての自動駐車ではなかったので、クルマがハンドルを操作し駐車してくれる様子を落ち着いて見ていることができた。が、コレを初体験する方にとっては少しの不安と驚き、そして感動すら覚えるかもしれない。もちろん駐車中に起こりうる不足の事態に備え安全確認と速度調節などブレーキ操作は人間が行わなければならない。

ちなみに、アドバンスド・パーキング・アシストは日常の車庫入れや縦列駐車をハンズフリーで行えることがベースにある。

この駐車が苦手な人に優しい新技術の採用はごく近い将来とのこと。どんなクルマに初採用になるかは明言されなかったが、非接触充電器が整備される前であれば、まずは普通のクルマからの採用になると予想する。「駐車が苦手だからクルマに乗りたくない」という人の苦手意識も軽減(アシスト)してくれる技術の採用に期待したい。

日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート
日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート
日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート

日産 リーフ 関連ページ

日産 NV200バネット 関連ページ

日産 ノート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 リーフ の関連記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24