autoc-one.jp 記事・レポート 特集 NEXTALK 日産自動車 ゼロエミッション事業本部 日本事業部 主担 有光 大 インタビュー 5ページ目

NEXTALK 2012/8/10 18:54

日産自動車 ゼロエミッション事業本部 日本事業部 主担 有光 大 インタビュー(5/5)

関連: 日産 リーフ Text: 御堀 直嗣 Photo: 佐藤靖彦
日産自動車 ゼロエミッション事業本部 日本事業部 主担 有光 大 インタビュー

Cool Head but Warm Hart

新しく慣れない相手との交渉続きとなる有光大の座右の銘は、「Cool Head but Warm Hart」であると言う。

座右の銘は「Cool head but warm heart」【日産自動車 ゼロエミッション事業本部 シニアエンジニア 柳下謙一 インタビュー】

【有光大】イギリスの経済学者であるアルフレッド・マーシャルの言葉で、大学のゼミの教授から送られた言葉でもあります。 冷静な頭脳と、温かな心情を忘れないということ。

電気自動車のインフラストラクチャーの取り組みは、なかなか合意に達しないことが多いですが、それでも一生懸命、相手の立場に立って説得しなければならない場面で、いつもこの言葉を思い出すようにしています。

折衝の成果の一つが、神奈川県の済生会横浜東部病院で神奈川県のタクシー協会と個人タクシー協会とともに日産が今年4月からはじめた、EVタクシーシェア乗り場の実証実験にも表れているだろう。

電気自動車のタクシー乗り場を特別に設置するゆとりのない場所で、エンジン車のタクシーと電気自動車タクシーが、交互に乗り場を使うという試みだ。

LEAF to Homeのモデルハウス【日産自動車 ゼロエミッション事業本部 シニアエンジニア 柳下謙一 インタビュー】

【有光大】必ずしもタクシーの待機場所に急速充電器がなくても、近距離の利用者が電気自動車タクシーを選べる環境が整えば、タクシー会社としても電気自動車タクシーで利益の上がる運行の機会を手に入れやすく、儲けを出せるようになります。

病院であれば、静かに走る電気自動車に乗りたいという患者さんもいらっしゃるでしょう。また、タクシーの運転手さんも、アイドリングしないで客待ちができる電気自動車のよさを体感してもらうことができます。そのうえで、タクシー会社が儲けを出せれば、電気自動車に関わるみんながハッピーになれます。

ほかにも、秋田県の田沢湖周辺では、観光タクシーとして電気自動車が有効に働けます。そのように、電気自動車がバッテリー電力のなかで戻ってこられるループを築ける運行形態を提案できれば、じゃぁやってみようかということにつながっていきます。 提案力が、この仕事の勝負です。

インフラストラクチャー整備と言うと、すぐ物や設備の話になりがちだが、有光大の話を聞くと、実は創造力こそが重要だということになってきそうだ。

だから、イノベーティブで面白いと、有光大も話す。 課題山積ながら、電気自動車に関わる人々の誰もが意欲に満ち溢れている。有光大も、そうした一人である。

筆者: 御堀 直嗣

日産 リーフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 リーフ の関連記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23