autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 航続可能距離280kmに伸びた「日産 リーフ」マイチェンモデルを試す! 3ページ目

試乗レポート 2016/1/26 11:14

航続可能距離280kmに伸びた「日産 リーフ」マイチェンモデルを試す!(3/5)

関連: 日産 リーフ Text: 藤島 知子 Photo: 茂呂幸正
航続可能距離280kmに伸びた「日産 リーフ」マイチェンモデルを試す!

寒い真冬のドライブで、シートヒーター装備の恩恵は大きい

日産 リーフ[マイナーチェンジモデル]試乗レポート/藤島知子
日産 リーフ[マイナーチェンジモデル]試乗レポート/藤島知子日産 リーフ[マイナーチェンジモデル]試乗レポート/藤島知子

ちなみに、今回試乗したのは一年で最も寒い冬場。つまり、電気自動車にとって不利になりやすいヒーターを必要とする時期である。

その点、冷え込んだ朝に役だったのがシートヒーターの存在。エアコンの設定温度を上げて車内を温めるには電力の消耗が気になるが、シートヒーターを活用すれば、短い時間で腰回りを温めることができる。

しかも、試乗したモデルは全席にシートヒーターが設置されており、「LOW/HIGH」切替式なので、必要に応じて調整がしやすかった。

日産 リーフ[マイナーチェンジモデル]試乗レポート/藤島知子

ちなみに、ナビのモニター上の「状態表示」のスイッチを押すと、「エアコンをオフにすると+○○Km」など、航続距離を伸ばす秘訣が表示される。残りの航続距離に不安を覚えた時は頼りになりそうだ。

基本的に「電気の節約」については、マイルドな加速を促すECOモードのスイッチが設定されているが、電装品の使い方はあくまでもドライバー次第。エアコンの設定温度を控え目にしたり、運転操作などで臨機応変な対応をすれば航続距離を伸ばすことに繋がるだろう。

+52km分の余裕で、行動にもゆとりが持てるようになった

日産 リーフ[マイナーチェンジモデル]試乗レポート/藤島知子日産 リーフ[マイナーチェンジモデル]試乗レポート/藤島知子

ともあれ、30kWhの仕様のリーフに乗って嬉しいことは、自分の行動パターンに合わせてEVと向き合いやすくなったことだろう。

仮にEVの航続可能距離が500km以上になれば、内燃機関をもつクルマと比べて不足は感じにくいかも知れないが、どんなに航続距離が伸びたとしても、電欠のリスクを考えれば最後までバッテリーを使い切るワケにはいかない。

その点、30kWhの仕様の航続距離280kmという数値は、テスラの500kmと比べれば随分短いが、24kWhのリーフと比べて+52km分多く走れるバッテリーの余裕が生まれたぶん、快適装備を気負うことなく使えるようになったり、電力を消耗しやすい高速走行で不安に感じにくくなったことに気がつく。

走れる距離が伸びたぶん、休憩や買い物などで立ち寄りたいスポットに直接足を伸ばしやすくなったし、充電スポット検索が臨機応変に使えるようになったため、航続距離がギリギリになって慌てて充電スポットを探すようなケースも減った。

つまり、これまで以上に充電の必要性に迫られるプレッシャーが少なくなったことで、行動パターンに余裕が持てるようになったのだ。

[EVがおサイフに優しいこれだけの理由・・・次ページへ続く]

日産 リーフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 リーフ の関連記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23