autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 ラフェスタハイウェイスター 試乗レポート/岡本幸一郎 3ページ目

試乗レポート 2011/7/21 14:50

日産 ラフェスタハイウェイスター 試乗レポート/岡本幸一郎(3/3)

関連: 日産 ラフェスタハイウェイスター Text: 岡本 幸一郎 Photo: 茂呂幸正/オートックワン編集部
日産 ラフェスタハイウェイスター 試乗レポート/岡本幸一郎

あらためて素性の良さを再確認させられた走り

走りについてのベース車からの変更点はないが、今回ドライブして、あらためてその素性の良さを再確認した。

ステアリングを切ったときのクルマの反応は極めてリニアで、応答遅れもなく、かといってクイック過ぎず、ほどよい一体感がある。

乗り心地も快適そのもので、アクセルやブレーキを踏んだ際のクルマの反応も過敏な印象がないので、トータルでのクルマの姿勢変化が小さく抑えられているところもよい。これは同乗者に不快な思いをさせないという点でも大いにメリットがある。

パワートレインについてもベース車と同じく、FF車では110kW[150ps]を発生する2リッター直噴エンジンと5速ATという組み合わせとなり、性能的には十分。

欲をいうと、フィーリング面では、もう少し回したときの音や振動が抑えられているとありがたいところだ。ちなみに、ATのマニュアルモードの操作についてはマツダ流で、前が「-」、後ろが「+」となっている。

日産では基本的に一般的な、前が「+」、後ろが「-」を採用しているので、どちらが良いor悪いの問題ではなく、このあたりは統一してくれたほうが日産車としてのアイデンティティを出せたような気もしなくない。

そして、マツダで「i-stop」と呼ぶアイドリングストップシステムをもちろん備えており、その点で同車は日産の「PUREDRIVE」の第6弾となったわけだ。

とにかくベース車でも大いに感じたことだが、適度なサイズで使い勝手に優れ、乗り心地も走りもよく、そしてリーズナブルな価格という、このクラスの実用車として求められる要素を見事に凝縮した1台である。

それがデザインがオーソドックスになり万人向けになったこともあるし、さらには日産の販売力をもってすれば、ベース車よりも売れてしまったりして・・・!?

日産 ラフェスタハイウェイスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ラフェスタハイウェイスター の関連記事

日産 ラフェスタハイウェイスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ラフェスタハイウェイスター の関連記事をもっと見る

日産 ラフェスタハイウェイスター の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23