autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日産 新型ラフェスタハイウェイスター 新型車解説

新型車解説 2011/6/15 21:53

日産 新型ラフェスタハイウェイスター 新型車解説(1/3)

日産 新型ラフェスタハイウェイスター 新型車解説

あのラフェスタがエアロバージョンのみ生まれ変わった!

日産 新型ラフェスタハイウェイスター

6月15日、日産から新型「ラフェスタ ハイウェイスター」が発売された。

車種名を聞いて「どういう意味?」と疑問に思った読者諸兄も多いだろう。ラフェスタは日産が造るミニバンの車名だが、「ハイウェイスター」はエアロパーツを装着したグレード名になるからだ。

新型ラフェスタハイウェイスターは、マツダが日産に供給するOEM車。すなわちプレマシーの姉妹車で、グレード名が示す通り、エアロパーツ装着車に限定される。ならば標準ボディのラフェスタはどうしたのかといえば、こちらは現在でも従来型を継続生産している。エアロパーツを装着したハイウェイスターだけが、プレマシーをベースにしたOEM車に刷新されたというわけだ。

特定のグレードだけを分割してOEM車にする展開は、前代未聞といって良い。従来の常識では、ラフェスタのすべてをプレマシーのOEM車にするハズだが、なぜ、今回はハイウェイスターに限ったのか?

ラフェスタの登場は2004年。リバティの後継に当たる5ナンバーサイズのロールーフミニバンとして投入されたのがはじまり。今でもそうだが、ラフェスタの視界は、復活したシエンタと並んでミニバンの最高峰。サイドウィンドウの下端を低く抑えた水平基調のボディにより、前後左右とも非常に見やすい。直線的な外観を生かし、スライドドアも備える。発売当初は、広い開口部を持つパノラミックルーフが標準装着されていた。

ところが売れ行きは不振だった。フロントマスクのデザインが受けず、視界に優れた直線基調の外観も、ボリューム感が乏しく見栄えが良くないと敬遠された。ルーフの低い5ナンバーミニバンだから、3列目も狭い(この欠点はウィッシュやストリームも同じ)。乗り心地は少々粗く、危険回避時には後輪の横滑りも生じやすいという理由でだ。

以上のような理由で販売が低迷した結果、「近々生産終了」という報道も聞かれたが、日産は起死回生を狙う。それが2009年11月のマイナーチェンジで投入したジョイXだ。

日産 新型ラフェスタハイウェイスター日産 新型ラフェスタハイウェイスター日産 新型ラフェスタハイウェイスター日産 新型ラフェスタハイウェイスター日産 新型ラフェスタハイウェイスター

日産 ラフェスタハイウェイスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ラフェスタハイウェイスター の関連記事

日産 ラフェスタハイウェイスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ラフェスタハイウェイスター の関連記事をもっと見る

日産 ラフェスタハイウェイスター の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23