autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム 日産 ジューク デザイナーインタビュー/プロダクトチーフデザイナー 渡辺誠二

デザイナーズルーム 2010/6/9 07:20

日産 ジューク デザイナーインタビュー/プロダクトチーフデザイナー 渡辺誠二(1/3)

関連: 日産 ジューク Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
日産 ジューク デザイナーインタビュー/プロダクトチーフデザイナー 渡辺誠二

日本ではあまり大きく取り沙汰されないカーデザインという分野。

当然カーデザイナーも同じである。

日本は自動車先進国でありながら、現代の若者の自動車離れは加速度を増す一方だ。そこでオートックワンは、クルマの楽しみ方の一つに“デザイン”という、もう一つの分野が存在することを、多くの若者に認識してもらおうと考えた。

このクルマは誰が、どんなコンセプトのもと、どんな想いで、デザインを行ったのか。

話題のクルマを監修したデザイナーに、オートックワンが一早くクローズアップ。一線で活躍するデザイナー達による、その造形に託した熱いメッセージを、インタビューで解き明かす企画、

それが、DESIGNERS ROOMである。

JUKEチーフデザイナー渡辺誠二氏へ、クローズアップ

JUKEデザイナーの渡辺誠二氏

6月9日に発表された日産ジュークは、国産コンパクトカーらしからぬ革新的なデザインが特徴だ。

ジュークはなぜここまで個性的なデザインを目指し、それを実現できたのか。キューブやスカイライン・クロスオーバーも手がけた実力派デザイナー、渡辺誠二氏に伺った。

どこにも真似できないクルマを作ろうと・・・

JUKEデザイナーの渡辺誠二
JUKEJUKE

オートックワン(以下AO)そもそもジュークはどんなコンセプトのもとで生まれたクルマなのでしょうか?

渡辺氏(以下W):日本やアメリカでBセグメント(コンパクトカー)のニーズが高まっており、以前から安定した需要があったヨーロッパでは、日産のプレゼンスがいまひとつという現状がありました。

しかもフォルクスワーゲンのクロスポロや、スズキのSX4など、ハッチバックをSUV化したようなクルマが出てきた。それを見てBセグメントとCセグメントの中間に、もうひとつポジションがあるのではないかと考えたのです。

カスタマー調査をすると、新しいモノ好きで、向上心があって、こだわりがあり、自分の価値観で商品を選択するという結果が出ました。こうした背景から、まったく新しいクルマを作ろうと、挑戦的な態度で取り組みました。

AOデザインを進める上でヒントになったものはありますか?

W:ロンドンへ行ったときに、MTBとロードレーサーが合体したような自転車が走っていたのです。フレームはガッシリとしていて、剛性感のあるサスペンションを持つのに、タイヤはスリックで、ロードレーサーに近い軽さもあった。

それが横断歩道の縁石などをスッスッと乗り越えていく。あの「どこでも感」がヒントになったことは事実です。

AOSUV+コンパクトスポーツカーというコンセプトが新鮮ですね。

W:社内では最初「いいすぎだろ」といわれました。(笑)でもコンパクトスポーツカーには、意のままに走るというほかに、機械に直に触れる歓びもあります。

エンジンの鼓動をダイレクトに感じたり、軽いアルミのシフトノブを操ったり。そういった機械のむき出し感を、デザインとして表現しようと思いました。

AO同じクロスオーバーのデュアリスやムラーノは意識しませんでしたか?

W:開発当初にムラーノのデータを縮小してみたんですが、全然つまらないんです。それにコンパクトには、スポーツドライブができる、ライトウエイトという意味もある。だから車格は無視して、ヒエラルキーを越えたクルマを目指しました。

ハッチバックの車高を上げたり、SUVを小さくしたりというアプローチも止めました。どこにも真似できないクルマを作ろうと考えたのです。

日産 ジューク 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ジューク の関連記事

日産 ジュークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ジューク の関連記事をもっと見る

日産 ジューク の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/20~2017/7/20