autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エンタメ 愛車紹介 松田次生選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」 3ページ目

レーサー愛車紹介 2011/6/13 11:57

松田次生選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」(3/3)

関連: 日産 GT-R Text: 今井 優杏 Photo: 今井優杏
松田次生選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」

松田選手がドリフト大会に出る日も近い!?

―もはやコレクターの域に入ってますね。それではレーシングドライバーになったきっかけも、クルマ好きが昂じて、という感じなんでしょうか?

はい、物心がつくまえからミニカーとか買ってましたし。将来はF1に乗る!とか決めてたのが小学生の頃でした。

―松田選手は鈴鹿出身でいらっしゃいますよね?そういう地理的な要因もありますか?

そうですね、やっぱりモータースポーツがとても身近でした。F1以外にもF3000やJTCCもよく観に行ってました。

ちょうど服部さん(レーシングドライバー服部尚貴氏・http://autoc-one.jp/bmw/x6/special-537859/)が同じ三重出身でバリバリ活躍されてて、憧れました。でもレースが好きになったきっかけはあくまでも“クルマが好き”だったんですよ。

―しかもさっきチラっと仰ってましたが、ドリフトもされるんですね!

去年の年末にドリフト用のクルマを買いました。で、始めたのは1月から。

―え?今年なんですか?きっかけは何だったんですか?

昔DVDの撮影で『プロのレーシングドライバーはドリフト出来るのか』みたいな企画があって、当時まったく出来なかったんですよ。多少は出来るけど、ホントに多少しか出来ないんです。それが2006年くらいの話。

で、そこからずっとやってみたいと思ってたんですが、年末偶然すごく安いクルマに出会ったことで、練習に行き始めたらハマっちゃって。

―松田選手って、グリップのレース界でも超エリートコースを歩んできた人だから、ドリフトとか絶対しないって、勝手にイメージしてました。

僕の中では、ドリフトからグリップにフィードバック出来るテクニックがたくさんあると思ってます。

例えば慣性の付け方。

ドリフトって、進入のときに大きく車体を振って入るじゃないですか。グリップのレースでも実はそうで、ドリフトほど極端な角度は付けないですけど(笑)、ある程度振って慣性を利用しないとコーナーを立ち上がれないんです。だからその慣性のきっかけを勉強するには最高なんですよね。

ハンドルを使うのか、それともブレーキをちょっと踏むのか、ターンに入るときのきっかけ作りですよね。まあでもそれ以外はまったく参考にならないですけど(笑)。

いや、ほんとに面白いですよ、ドリフト。そのうち大会にも出たいな、と。

―え~、本気で楽しみ!是非頑張って下さい!

今井優杏の「取材後記」

「実は明日もショップ主催の走行会に出るんだよね~」とおっしゃっていた松田選手。ゲストドライバーというわけではなく、一般参加者としてエントリーされているそう!

『プロドライバーが一般枠で参加するということに、抵抗はないんですか?』と聞いてみたところ、

「そうやって壁を作ってたら、モータースポーツがどんどん地盤沈下していっちゃうから。走るのが好きで、僕も走りたいから参加して、それを同じ枠で参加してくれてる人が喜んでくれたら、もしかしてレースのファンも増えるかもしれないでしょ?」

と話して下さいました。

レースも好きでクルマも好きな松田選手、これからも色んな走行会に出没されるみたいですよ!ドリフトの大会で松田選手の応援が出来る日も、近いかもしれませんね。

超マニアックネタ、満載のブログ、必見ですよ!

http://tsugio-blog.com/

筆者: 今井 優杏

日産 GT-R 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 GT-R の関連記事

日産 GT-Rの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 GT-R の関連記事をもっと見る

日産 GT-R の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28