autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート オーテックオーナーズグループ(AOG) 湘南里帰りミーティング2014 【松田 次生選手&AUTECHレースクイーン白渚 悠インタビュー編】

イベントレポート 2014/12/4 20:20

オーテックオーナーズグループ(AOG) 湘南里帰りミーティング2014 【松田 次生選手&AUTECHレースクイーン白渚 悠インタビュー編】(1/4)

関連: 日産 GT-R Text: マリオ 高野 Photo: 茂呂幸正
オーテックオーナーズグループ(AOG) 湘南里帰りミーティング2014 【松田 次生選手&AUTECHレースクイーン白渚 悠インタビュー編】

SUPER GT GT500クラス 23号車「MOTUL AUTECH GT-R」松田次生選手とレースクイーンの白渚悠さんに独占インタビュー

10月18日に行われた「オーテックオーナーズグループ(AOG) 湘南里帰りミーティング2014」には、今年からSUPER GT GT500クラスにて23号車「MOTUL AUTECH GT-R」を駆る松田次生選手と、レースクイーンの白渚悠(しらなぎ はるか)さんもゲスト参加した。

今年の23号車はSUPERGT第8戦(最終戦)では圧倒的な速さでポールトゥフィニッシュを決め、見事シリーズチャンピオンに輝いたが、その立役者である松田次生選手とレースクイーンの白渚悠さんの、残り1戦を残した時点でのインタビュー内容をお届けしよう。

松田選手の「有言実行」ぶりに感激であります!

関連記事:オーテックオーナーズグループ(AOG)湘南里帰りミーティング2014【イベントレポート・オーナーインタビュー編】

松田選手は大のクルマ好き!他のオーナーさんのカスタマイズを参考にする!?

オーテックオーナーズグループ(AOG) 湘南里帰りミーティング2014オーテックオーナーズグループ(AOG) 湘南里帰りミーティング2014

マリオ高野(以下、マリオ):いつもレースが開催されるサーキットでもファンと交流する場面は多々あると思いますが、AOGミーティングはそれらよりも圧倒的に濃いというか、ファンの皆さんとより近く、深く対話する機会でもあると思います。今日のイベントを振り返っていかがですか?

松田次生選手(以下、松田選手):僕は基本的にクルマが大好きで、自分の愛車のエルグランドのライダー ハイパフォーマンススペックをいじったりしているので、ひとりのユーザーとして「素」で楽しめました。

普段、サーキットではファンの皆さんとそれほど長く話せませんが、今日は実際にファンの方々の愛車を拝見して、カスタマイズの内容が面白いクルマ、僕とは違った視点の意外性のあるクルマがたくさんあって、皆さんとの話も弾みましたね。

マリオ:面白いと思ったのは、具体的にどのようなカスタムですか?

松田選手:Z34(フェアレディZ)用のブレーキローターとキャリパーをエルグランド ライダーに装着されている方がいらっしゃって、自分でもやりたいと思っていたので予算などを聞けたのはたいへん有意義でした(笑)エアロパーツやLEDなども参考になりましたね。

自分好みに仕上げたR33 GT-Rも我が子のように可愛い(笑)

オーテックオーナーズグループ(AOG) 湘南里帰りミーティング2014オーテックオーナーズグループ(AOG) 湘南里帰りミーティング2014

マリオ:ブレーキの強化を検討されていたのですね?やはり、エルグランドは重量級のクルマだからですか?

松田選手:ノーマルでもブレーキのパフォーマンス自体は全然問題ないんですけど、僕のエルグランドは35GT-R用のホイールを履かせているので、ブレーキが貧弱に見えてしまうのが気になっているんです。

そこで、Z34用だと品が良いというか、純正っぽい雰囲気でマッチングが良さそうだと考えていたんですね。予想通りでした。あと、ブレーキキャリパーを大きく見せるカバーパーツなどは1万円ぐらいで可能だとか。これも耳寄りな情報でしたね。

マリオ:なんだか、とてもピュアなクルマ好き青年のようなコメントですね!(笑)

松田選手:とにかく、オーテックユーザーの皆さんといろいろな部分で普通に共感できたのが嬉しかったです。エルグランドの他に所有しているR33GT-Rは走行距離が20万キロを超えているのですが、「過走大賞」の方は30万キロを超えていると聞いて、自分のはまだまだだと実感したり(笑)愛車を大事にして、長く乗り続けている人を見るのは純粋に嬉しいですね。

マリオ:R33GT-Rとはまた渋いですね。松田選手がR33を愛する理由は何ですか?

松田選手:自分好みにいじっていて、情があって手放せないんですよ。我が子のように可愛がっているので(笑)

マリオ:自分の愛車を運転するのはどんな場面ですか?

松田選手:仕事での移動のほか、あとは趣味で走るスポーツ走行でサーキットへ行くときですね。

マリオ:しゅ、趣味のサーキット走行!?仕事で嫌というほど走ってるのに、サーキットでも走行するのですか?

オーテックオーナーズグループ(AOG) 湘南里帰りミーティング2014

松田選手:クルマ好きとしての純粋な気持ちを忘れたくないということもありますが、仕事のレースと違ってタイムや順位を気にしないでいいのが楽しいんですよ(笑)

マリオ:それはすごいです!趣味のスポーツ走行が、スーパーGTの走りに役立つことは何かありますか?たとえば、車高やダンパーの調整などが、わずかでもレースカーのセッティングのヒントになったりするとか?

松田選手:直接的には難しいけど、セットアップの方向性みたいなのはヒントになることもあります。市販車はダウンフォースがないクルマなので、その中でグリップを出すセットアップはGTにも活かせる部分がありますよ。

マリオ:やはり、市販車とGTマシンは関連性があるのですね!(涙)

日産 GT-R 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 GT-R の関連記事

日産 GT-Rの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 GT-R の関連記事をもっと見る

日産 GT-R の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22