autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 GT-R NISMO・GT-R 2014年モデル 試乗レポート/河口まなぶ

試乗レポート 2013/12/3 10:30

日産 GT-R NISMO・GT-R 2014年モデル 試乗レポート/河口まなぶ(1/3)

関連: 日産 GT-R Text: 河口 まなぶ Photo: 島村栄二
日産 GT-R NISMO・GT-R 2014年モデル 試乗レポート/河口まなぶ

カリスマ開発責任者が辞して、日産 GT-Rが激変した

日産 GT-R Premium edition(2014年モデル)[ボディカラー:ゴールドフレークレッドパール(新色)](左)/日産 GT-R NISMO[ボディカラー:ブリリアントホワイトP](右)

日産 GT-Rは激変した。

理由はもちろん、これまでGT-Rを育ててきた水野和敏氏が日産を離れ、それを受けて新たな開発陣による体制となったからだ。これによってある意味、180度向きを変えた。

カリスマ開発責任者によるワンマン体制だからこその強い個性

日産 GT-R Premium edition(2014年モデル)[ボディカラー:ゴールドフレークレッドパール(新色)]日産 GT-R Premium edition(2014年モデル)[ボディカラー:ゴールドフレークレッドパール(新色)]

これまでのGT-Rは良くも悪くも、水野さんの“ワンマン体制ならでは”のプロダクトだった。

もちろんこれは僕の、水野さんに対するリスペクト。ある意味独善的でなければ、世に衝撃を与えるスポーツカーは生み出せない。常人が耳にした時に思わず、「えっ?」と聞き直してしまうような壮大な計画や発想を、パワープレイで前へと押し進めてしまう…そんなスタイルは、日本の社会には馴染まないかもしれない。でも、それだからこそ手に入れたものは多々あると思うのだ、日産、そしてGT-Rは。

そして現実日産 GT-Rは、皮肉にも「スカイライン」の名と決別したこのモデルで、今まで以上に世界中に知られることになった。それはこのクルマが圧倒的な高性能を実現していたからであり、そこから付随する圧倒的な存在感を手に入れたからである。

つまるところGT-Rは、水野さんの思想と哲学から生まれたことは間違いない。

僕はそれがこの、R35型GT-Rの意義だと今でも思っている。

開発体制も大きく変化を遂げる

NISSAN GT-R Premium edition[2014 MODEL]

そして今回、GT-Rは激変したのだ。

体制はいわゆる日産の他のモデルと同様になった。CPS(チーフプロダクトスペシャリスト)とCVE(チーフヴィークルエンジニア)という、判り易くいえば企画する側と設計側の2人のチーフ制となった(水野氏時代は1人でこれと同じような役割をしていた)。そしてCPSにはかつてR34スカイライン GT-Rを手掛けた田村宏志氏が就任した。

また大きなトピックとして、これまでGT-Rの開発には加わっていなかった日産の実験部でトップガンであり、R32~34スカイライン GT-Rの評価ドライバーを務めたことで、国から「現代の名工」として表彰された加藤博義氏が、ついにR35 GT-Rのステアリングを握ったこと。

果たして日産 GT-Rはどう変わったのか?

[次ページへ続く]

日産 GT-R 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 GT-R の関連記事

日産 GT-Rの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 GT-R の関連記事をもっと見る

日産 GT-R の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24