autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム DESIGNER's ROOM 日産自動車 青木護プロダクトチーフデザイナー 3ページ目

デザイナーズルーム 2010/3/30 18:00

DESIGNER's ROOM 日産自動車 青木護プロダクトチーフデザイナー(3/3)

関連: 日産 フーガ Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
DESIGNER's ROOM 日産自動車 青木護プロダクトチーフデザイナー

蒔絵の美しさがヒントとなったセンターコンソール

青木さんの言葉を待つまでもなく、フーガのインテリアデザインは、とても華やかだ。

日産 フーガ

革、プラスチック、金属などの素材がさまざまに組み合わされ、フーガ独自の世界を作り上げている。2本と同じ曲線が見当たらないほど、その造形は凝っている。

青木:「自然界には、直線や同じ曲線というものが存在していませんね。われわれ日本人は、昔から自然を敬って共に生きてきました。その姿勢をインテリアに反映させました」

たしかに、フーガの車内には直線や平行する2本の線などが存在しない。自然の景観や生き物の肢体のように、ナチュラルな曲線が連続している。

青木:「センターコンソールも、金属パーツの銀色と対応させて、華やかさを醸し出すことに成功しました」

鈍く光って見えるセンターコンソールは、本物の木材に銀粉を擦り込んだものだ。

青木:「蒔絵がヒントになって作りました。プレミアムカーのデザインでは、出自が強く問われるんですよ」

日産自動車 青木護チーフデザイナー

青木さんの言う“出自”とは、メーカーの歴史であり、そのバックボーンとなる国の伝統だ。

青木:「ベタな日本(笑)は嫌われますが、蒔絵の美しさは日本人にも西洋人にも共感を得られると思います」

同感だ。“日本らしさとは何か”という問いに対する答えは人それぞれだが、蒔絵とはいいアイデアだと思う。蒔絵のことを知らない人は気付かないだけだし、蒔絵を知っている人はニヤリとさせられる。

青木:「インフィニティは日本のブランドですから、日本のいいものを吸収していかなければなりません」

出自が問われるとは、まさにそのことで、インフィニティが世界で勝負するためには、自ずと“インフィニティとは何か”、“日本とは何か”を問い続けなければならないだろう。

青木:「他には視認性を向上させるために、大きなメーターにしました。世界最大だと思います」

直径120ミリのスピードメーターとタコメーターは、視認性を向上させるために、それぞれ内側に少し傾けられている。

よく見ると、メーターダイヤル面は機械式高級腕時計のようなギョーシェ彫りさえ、施されている。なんという凝りっぷり!

青木:「艶、勢、精。インフィニティを表わす、コアな言葉です。フーガは、今回のモデルチェンジで大きく変えましたが、今後はその中心となる価値を変えることなく、進んで行きます。プレミアムブランドにとって、一貫性や連続性はとても重要ですからね」

フーガの大胆な変身には、時代の変化への対応と販売戦略の変更という課題があった。

青木:「難しいんですけどね」

青木さんの口からは枕詞のように「難しいんですけどね」と何度も出てくる。たしかに難しかったであろうと想像が付くが、その甲斐あって、フーガは見事に生まれ変わった。青木さんたちデザイナーの貢献が大きい。

筆者: 金子 浩久

日産 フーガ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フーガ の関連記事

日産 フーガの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フーガ の関連記事をもっと見る

日産 フーガ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24