autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム DESIGNER's ROOM 日産自動車 青木護プロダクトチーフデザイナー

デザイナーズルーム 2010/3/30 18:00

DESIGNER's ROOM 日産自動車 青木護プロダクトチーフデザイナー(1/3)

関連: 日産 フーガ Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
DESIGNER's ROOM 日産自動車 青木護プロダクトチーフデザイナー

日本ではあまり大きく取り沙汰されないカーデザインという分野。

当然カーデザイナーも同じである。

日本は自動車先進国でありながら、現代の若者の自動車離れは加速度を増す一方だ。そこでオートックワンは、クルマの楽しみ方の一つに“デザイン”という、もう一つの分野が存在することを、多くの若者に認識してもらおうと考えた。

このクルマは誰が、どんなコンセプトのもと、どんな想いで、デザインを行ったのか。

話題のクルマを監修したデザイナーに、オートックワンが一早くクローズアップ。一線で活躍するデザイナー達による、その造形に託した熱いメッセージを、インタビューで解き明かす企画、

それが、DESIGNER’sROOMである。

日産自動車 プロダクトチーフデザイナー 青木護氏へクローズアップ

フルモデルチェンジした日産フーガが、大きく様変わりした。フォーマルな3ボックス型セダンという形式は変わらなくても、眼にした印象が大きく異なっている。

日産 フーガ

端正で、抑制された造形が施されていた先代フーガに比較して、新型は前後フェンダーやボディ各部分の抑揚が強く、ルーフからトランクフードにつながるラインも流れるようだ。

フロントグリルから始まる線と面が、フロントフェンダー、ボディ、リアフェンダー、トランクフードと、上へ下へ、手前へ奥へと大胆に流れていく。どこから眺めても、躍動感に溢れた造形だ。

喩えてみれば、“静から動”、“寡黙から饒舌”だろうか。先代の特徴を残しながら新しい要素を付け加えていくタイプのモデルチェンジではなく、見た者の印象をガラリと大きく変えていくタイプのものであることに違いない。

青木:「ええ、今度のフーガのデザインは、“変えよう”として変えたものです」

日産自動車 青木護チーフデザイナー

日産自動車デザインセンターでお会いした青木護さんは、フーガのデザインで指揮を執った同社のプロダクトチーフデザイナーだ。青木さんは、フーガが大きく様変わりした背景から説明してくれた。

青木:「先代のフーガは、それまでのセドリックとグロリアからのモデルチェンジを経て生まれたクルマでしたから、その2台からの代替えユーザーを確実に吸収しなければなりませんでした」

つまり、セドリックとグロリアから乗り換えてもらうためには、違和感を持たれてしまっては良くない。

他のクルマに逃げられてしまうというわけだ。しかし、時代は変わった。一ヶ月に2000台ほどフーガが売れていた良き時代は過ぎ去った。

それだけではない。フーガには新たな使命も加わった。日本国内での日産フーガであると同時に、北米を中心とする海外ではインフィニティMとしてのパフォーマンスが求められるようになったのだ。

インフィニティは、日産が海外で展開しているプレミアムブランドである。当然、ライバルはメルセデスベンツやBMW、アウディなどドイツ御三家を筆頭とするプレミアムブランドとなる。

青木:「先代フーガは、アメリカでは“ファンクショナル(機能的)に見え過ぎる。エモーショナル(躍動感)度合いが足りない”と意見をもらっています」

日産 フーガ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フーガ の関連記事

日産 フーガの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フーガ の関連記事をもっと見る

日産 フーガ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22