autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 フーガ 試乗レポート/岡本幸一郎 3ページ目

試乗レポート 2009/12/22 17:11

日産 フーガ 試乗レポート/岡本幸一郎(3/3)

関連: 日産 フーガ Text: 岡本 幸一郎 Photo: 柳田由人/村西一海
日産 フーガ 試乗レポート/岡本幸一郎

しっとりと落ち着いた乗り味、好印象のステアリングフィール

日産 フーガに試乗する岡本氏

今回は、市街地と首都高速を試乗したが、乗り心地がよくなっていることも直感した。

従来のフーガに見受けられた、日産のFR-Lプラットフォーム車が大なり小なり共通して持っている、ビリビリ、ゴツゴツ、ツンツンとした感触があった。それがかなり払拭されて、しっとりと落ち着いた味になっていたのだ。

この味を実現するために、ダブルピストン構造により、路面からの入力の周波数に応じて減衰力を最適にコントロールするというダブルピストンショックアブソーバーが、かなり効いている模様。

また、十分な横剛性を維持しつつ、ブッシュの剛性を落としたという新開発のリアサスペンションも少なからず効いているはずだ。

また、日産はこれまで長年にわたって後輪操舵にも注力してきた経緯があるが、フーガのタイプSに標準装備される4WSは、ようやく筆者にとって納得できる仕上がりとなった。

他モデルも含め従来のものは、速すぎたり、違和感があったりと、どうしても、最終的には「ないほうがいい」といわざるをえないものだったが、今回は違う。

余計な挙動を発生させることなく、アジリティ(俊敏性)を堪能できる。ステアリングフィールも、ちょうどよい操舵力と、豊かなインフォメーションを持っていて好印象だった。

日産 フーガ 250GT

ほかにも、全部で11もの新機構を採用したという2代目フーガだが、興味深かったのは、「ECOペダル」と「インテリジェントペダル」といったペダルものだ。

前者はアクセルペダルの反力を強めることで、燃費を向上させることを狙ったもので、たしかに効果が期待できそうだ。後者は、従来もあったものに、ナビゲーションからの情報により、カーブ手前など、必要に応じて減速制御を行なう機能が加わった。

これも、注意喚起ひいては事故軽減を図る上で、大いに効果があるものだと思う。

価格帯は399万円~550万2,000円。今の時代に、この価格帯のクルマがポンポンと売れることもないだろうが、2.5リッター車と3.7リッター車の価格差が概ね30万円程度と意外と小さく、また従来は2.5リッター車に設定されていた4WDモデルが3.7リッターになったのもポイント。降雪地の上級セダンユーザーにとって朗報だろう。

オーソドックスなまとまりを見せた先代フーガですら「丸い」といわれ、日本の保守層からあまり支持を得られなかったのも事実だし、この2代目も好き嫌いは分かれるだろう。

とはいえ、今のところ初代オーナーや上級セダン購入検討者からの評判はなかなかよろしく、とくに女性に好意的に受け取られているらしい。むろん、5年前とはユーザー側のセンスも変わっているはずだ。上級セダンのカテゴリーにおいては、クラウンの一人勝ち状態が続いているのもうなずけなくはない。

クラウンも非常によくできたクルマには違いない。しかし、そんなクラウンと、かつてしのぎを削ったセド・グロの末裔であり、クラウンと対照的なクルマになったフーガに一矢報いて欲しいと思ってしまうのも正直な気持ちである。

日産 フーガ 250GT日産 フーガ 250GT日産 フーガ 250GT日産 フーガ 250GT日産 フーガ 250GT

日産 フーガ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フーガ の関連記事

日産 フーガの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フーガ の関連記事をもっと見る

日産 フーガ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26