autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 フーガ 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2009/12/22 17:11

日産 フーガ 試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

関連: 日産 フーガ Text: 岡本 幸一郎 Photo: 柳田由人/村西一海
日産 フーガ 試乗レポート/岡本幸一郎

廉価版とは呼べない2.5リッターと全域でトルクフルな3.7リッター

日産 フーガ 250GT日産 フーガ 370GT

走りについても、初代と比べてあらゆる要素が大幅に洗練されていた。恐縮ながら、出たてでここまで仕上がっているとは予想していなかった。

日本で販売されるのは、VVELを採用した3.7リッターのVQ37VHRと、2.5リッターのVQ25HRという、型式こそ同じだが、いずれもスカイラインセダンよりも微妙にスペックの高い2種類のエンジンが搭載される。

2.5リッター車が、5速ではなく7速のATとなるところもポイントで、抜かりはない。

この車格のクルマに2.5リッターエンジンというと、いかにも廉価版のような気もするところだが、出来栄えはそうでもない。やや高回転型に味付けられたエンジンの美味しいところを、適切にギアレシオの細分化されたATが巧みに引き出してくれる。

一方の3.7リッターは、いうまでもなくさらに全域で一段とトルクフル。トップエンドの吹け上がりは2.5リッターもがんばっているが、発進加速から中間加速にかけては、やはり排気量がものをいう。ここはひとつ、税金のことは忘れて、積極的に3.7リッター車を選びたいところではある。

日産 フーガ 250GT

いずれも、ATながら非常にロックアップ領域が広く、ダイレクト感のある走行フィールをもたらしている。もちろん、燃費向上にも寄与するに違いない。

これを可能としたのが、アクティブノイズコントローラーだ。これは、エンジン回転数に同期して発生するこもり音に対し、逆位相の制御音をドアスピーカーから出力することで低減を図るというもので、これにより、低いエンジン回転域までロックアップ領域の拡大が可能になったという。

また、VQエンジンは力感こそ高いが、一連の搭載車では、ややガサツな印象があるのは否めなかったところ、2代目フーガでは、スムーズで心地よいエンジンサウンドを実現していた。

このあたりも、同じエンジンを搭載するスカイラインに対して、ずいぶん印象の異なるポイントだ。

ちなみに、海外市場向けに5.6リッターのV8も用意されるようだが、日本では売れないだろうから、ラインナップされないだろう。個人的には、少々残念な話である・・・。

日産 フーガ 250GT日産 フーガ 250GT日産 フーガ 250GT日産 フーガ 250GT日産 フーガ 370GT

日産 フーガ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フーガ の関連記事

日産 フーガの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フーガ の関連記事をもっと見る

日産 フーガ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22