autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ベストバイカー 2009年下半期ベスト・バイ・カー/河村康彦

ベストバイカー 2009/12/25 13:05

2009年下半期ベスト・バイ・カー/河村康彦(1/2)

2009年下半期ベスト・バイ・カー/河村康彦

【国産車編】トータルベストカー/日産 フェアレディZロードスター

日産 フェアレディZロードスター

多くの日本人がクルマから興味を失い掛けていると言われる昨今。一方で、海外マーケットからは決してそんな声は聞こえてこない。

そんな現象の要因のひとつは、国内マーケット規模の縮小を機に「自らの市場向けモデルの開発努力を怠っている」という現実にもあるはず。

かくして、日本のメーカーからはスポーツカーもクーペも生まれ難くなった中で、このモデルは“一筋の光明”を感じさせる。

ルックスの優秀さはすでに紹介した通り。エンジンフィールにガサツさが残るのは残念だが、絶対的な走りのポテンシャルの高さは文句なし。そんなこのモデルがこうした価格で手に入るという事実こそ、本来はもっと賞賛されても然るべき事柄であるように思う。

【国産車編】ベストハンドリングカー/トヨタ マークX

トヨタ マークX

従来型プラットフォームを受け継いだリファインゆえに、「フルモデルチェンジとは言え、その仕上がりはこれまでの延長線上であるはず・・・」とタカをくくっていた新しいマークX。

しかし、その走りのリファインぶりは予想を遥かに超えたものだった。何しろ、従来型の3リッターを3.5リッターへとアップし、それゆえに最高出力が300psを軽くオーバーする心臓を積み込んだモデルでも「足に不足」など感じさせない。

4輪はしっかり地について直進安定性もすこぶる良好。それでいながら、ステアリング操作にリニアに追従して右へ左へと軽々と身をこなすこのモデルのフットワークは、もはや間違いなく世界一級スポーツサルーンの域に達している。

【国産車編】ベストデザインカー/日産 フェアレディZロードスター

日産 フェアレディZロードスター

ミニバンとコンパクトな実用車ばかりが“量産”されて来た日本の2009年自動車シーンの中にあって、「これは例え美術館に並べたとしても絵になるナ」とキラリと光る存在がこのモデル。

ファストバック調のルーフラインが特徴のクーペ・モデルもグッドルッキングの持ち主だが、そんなルーフを取り払ったこちらのルックスもかなりのもの。

次々と魅力的なモデルをリリースするヨーロッパ発のオープン・モデルの中に投じられても全く見劣りしないこのモデルのデザインを、ぼくら日本人は誇らしく思うべきだろう。

そんな新型フェアレディZロードスターの見所は、インテリアのデザイン/質感のレベルも従来型比で大幅にアップした点にもある。

日産 フェアレディZロードスター 関連ページ

トヨタ マークX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フェアレディZロードスター の関連記事

日産 フェアレディZロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フェアレディZロードスター の関連記事をもっと見る

日産 フェアレディZロードスター の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24