autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フェアレディZロードスター BOSEサウンドシステムレビュー 2ページ目

試乗レポート 2010/3/9 11:19

フェアレディZロードスター BOSEサウンドシステムレビュー(2/2)

フェアレディZロードスター BOSEサウンドシステムレビュー

溜息のでる贅沢音響と臨場感

(左)AV評論家の野村ケンジ氏/(右)BOSE 中口豊氏
AV評論家 野村ケンジ氏BOSE 中口豊氏

さて、気になるサウンドはというと、システムから窺える内容以上に、取材時に2時間ほど都内を走り回ったが、そこで音楽が楽しめる空間がきちんと作りあげられていることが充分に体感できた。

屋根を開けた状態で、フロントウィンドウのあたり、その両側いっぱいまで整然とサウンドフィールドが拡がっているのだ。

音域の高低による揺らぎもなく、ヴォーカルもドア側へ寄ってしまうことなく、きちんと前方に定位している。さすがBOSEといいたくなる、見事なサウンドフィールドだ。しかも、走行中であっても音楽がきちんと耳まで届いてくれる点は素晴らしい。

オープンカーの場合、様々な走行ノイズによって音楽がBGM以上には楽しめなかったり、場合によっては騒音の一部に聞こえないこともあるのだが、オープンカーであることを忘れてしまうくらい、「普通」に音楽を楽しめるのだ。

新型フェアレディZロードスターのボディ剛性や、遮音性の高さも寄与しているのだろうが、一番はやはり、BOSEならではの高いノウハウ、聴かせ方の妙ともいうべき素晴らしいセッティングだろう。

ちなみに幌を閉じた場合のサウンドはというと、こちらは音の解像度感がグッと良くなり、かなり音楽に埋没できるようになる。

あまたある純正プレミアムサウンドシステムのなかでも、上位に位置するサウンドクォリティーを持ち合わせていると思う。こちらの音もなかなか魅力的なので、気分によって幌を開閉し、それぞれに楽しむのが良さそうだ。

日産 フェアレディZロードスター

このようにフェアレディZロードスターは、クルマそのものの魅力はもとより、カーオーディオとしてもオープンカーならではの楽しさを満喫できるクルマに仕上がっている。

このオーディオシステムが、上位グレードに標準設定されていることは大歓迎だが、下位モデルにはオプションとしてすら用意されていないことだけはいただけない。

もしアフターマーケットの高級カーオーディオを取り付ける予定がない人は、ぜひともBOSEサウンドシステム搭載車を選ぶべき。

音の良いカーオーディオによって、オープンカーの楽しみがさらに拡がること請け合いだ。

日産 フェアレディZロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フェアレディZロードスター の関連記事

日産 フェアレディZロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フェアレディZロードスター の関連記事をもっと見る

日産 フェアレディZロードスター の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24