autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フェアレディZロードスター BOSEサウンドシステムレビュー

試乗レポート 2010/3/9 11:19

フェアレディZロードスター BOSEサウンドシステムレビュー(1/2)

フェアレディZロードスター BOSEサウンドシステムレビュー

オープンカーにもたらす革命サウンド

日産 フェアレディZロードスター BOSEサウンドシステム搭載車

オープンカーだからと言い、カーオーディオを諦めている人は結構多いと聞く。そんな人達に一度は体験していただきたいクルマが、日産のフェアレディZロードスターだ。

日産純正のプレミアム・カーオーディオといえば、BOSEの名前がすぐさま浮かぶくらい、両者のタッグは有名となっている。

それもそのはず、日産車にBOSEサウンドシステムが設定されるようになったのは、ブルーバードのワイドボディバージョンとして登場したマキシマからだ。以来、20年以上にも亘って両者の蜜月は続いているのだから、すっかり定番となっているのも頷ける話だ。ちなみにフェアレディZも、2代前のZ32からBOSEサウンドシステムが設定されており、現行モデルで3世代目となる。

車種ごとにベストな専用システムを用意し、車両の開発段階から音響セッティングを突き詰めるというBOSEのスタンス。それは場合によってはシート素材の違いによってもセッティングを変更するという、BOSEならではの、きめ細やかな開発ストーリーとともに、3世代続けて手がけているノウハウも手伝ってか、最新フェアレディZのBOSEサウンドシステムは、巷で高評価を受けている。

そのフェアレディZのBOSEサウンドシステムに“ロードスター・バージョン”が登場した。

いや、正確には車種追加されたフェアレディZロードスターにも、BOSEサウンドシステムが用意された、という言いまわしの方が正しいのだが、敢えて「ロードスター・バージョン」といいたくなるくらい、両者のシステムには顕著な違いが見られる。

ダッシュボードの6.5cm Twiddler 中高音域用スピーカー
ドア下部の8cm Twiddler 中高音域用スピーカーリアサイドパネルの8cm Twiddler中高音域用スピーカー

まず使われているスピーカーユニットだが、ダッシュボードの6.5cm Twiddler(BOSE独自の呼称。中高域をフォローするコーン型スピーカーを指す)と、ドアの15cm×23cmウーファー、そしてリアサイドパネルの8cm Twiddlerは同様である。

さらにトランクルーム内ではウーファーボックスに替わり、シート後方は15cm×23cmのウーファーが2本追加されている。これは単純にスペースの都合で廃されたようだが、スピーカーの位置がより近くなることは、オープンカーにとっては優位になる場合が多いので、歓迎すべき変更だ。

またシステムとしては、幌の開閉に連動して音響セッティングが自動変更されるなど、ロードスター・バージョン独自の内容が用意されている。

オープン状態でも存分に音楽が楽しめるよう、充分に配慮されているのだ。

日産 フェアレディZロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フェアレディZロードスター の関連記事

日産 フェアレディZロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フェアレディZロードスター の関連記事をもっと見る

日産 フェアレディZロードスター の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21