autoc-one.jp 記事・レポート 特集 フォトギャラリー 今度のZはフェイスを一新し、ユーロチューンドサスを採用 !! 日産、『フェアレディZ』画像ギャラリー

フォトギャラリー 2012/7/10 20:27

今度のZはフェイスを一新し、ユーロチューンドサスを採用 !! 日産、『フェアレディZ』画像ギャラリー

今度のZはフェイスを一新し、ユーロチューンドサスを採用 !! 日産、『フェアレディZ』画像ギャラリー

FRブーム再熱!? 日産だって黙っていない!

ボディーカラー:ダークメタルグレー
Version STVersion ST

L型エンジンを載せた初代S30型系から数えて、通算6代目のモデルに当たるフェアレディZ(Z34)に、今回マイナーチェンジが施された。

フェアレディと言えば、日産自動車の顔として活躍する、直営ショールームの日産ギャラリー(ショールーム)内にいるコンパニオン「ミス・フェアレディ」にもその名が冠されている通り、日産を代表するモデル。2010年には販売40周年も迎えている。

海外では、2012年の北米シカゴオートショーで発表されており、米国では2013年から発売の予定。国内が一足先に販売を開始した形だ。

フェアレディZは海外でも人気で、初代モデルは世界総販売台数が55万台(そのうち日本国内販売8万台)と、その当時のスポーツカーとしては空前の記録をたたき出し、そのころの日産自動車の輸出モデルの総称でもあった「DATSUN」の名を世界に知らしめた日産の名車なのである。

Version STVersion STマニュアルモード付7速オートVQ37VHRエンジンアルミロードホイール
Version T
Version STSRSドアマウントカーテン

今回施されたマイナーチェンジの内容は、より低さとワイド感を強調する新形状のフロントバンパーや新デザインのアルミホイールの採用など、エクステリアとインテリアをよりスポーティでスタイリッシュに変更した点である。

ボディカラーには、新色のプレミアムサンフレアオレンジなどを設ける。他にもレッドのブレーキキャリパーを装備し、よりスポーティ感を際立たせている。また、走りの性能をさらに高めるべく、ユーロチューンドサスペンションや耐フェード性能を向上させたブレーキパッドを採用している。

コンピューターチューニングの見直しが施された『ver, NISMO』

「フェアレディZ Version NISMO」は、エンジンの出力特性、タイヤ、ボディ剛性、サスペンション、ブレーキなど、幅広い見直しを実施。エンジンはコンピューターチューニングを見直すことにより、最高出力(ベース車+14kW(19PS))は維持しながら、中速域のトルクアップを図った。また、ブレーキホースとブレーキフルードの変更も行い、ブレーキフィーリングが向上している。

FRスポーツブームに再び火が点き始め、「トヨタ 86(ハチロク)」や「スバル BRZ」に話題を独占されている中、本家本元ジャパニーズFRスポーツカー「フェアレディZ」は果たして、流れに乗ることができるのであろうか?

日産 フェアレディZ 関連ページ

日産 フェアレディZロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フェアレディZ の関連記事

日産 フェアレディZの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フェアレディZ の関連記事をもっと見る

日産 フェアレディZ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29