autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 時間の経過による味わいある自然な運転感覚。スポーツカーの普遍的なモデル、日産「フェアレディZ」試乗レポート

試乗レポート 2015/12/28 11:30

時間の経過による味わいある自然な運転感覚。スポーツカーの普遍的なモデル、日産「フェアレディZ」試乗レポート(1/3)

関連: 日産 フェアレディZ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
時間の経過による味わいある自然な運転感覚。スポーツカーの普遍的なモデル、日産「フェアレディZ」試乗レポート

スポーツカーの代表車種“Z”

日産 フェアレディZ

2015年は近年では珍しく、走りの楽しいスポーティーカーが話題になった。ファンの多いマツダ「ロードスター」が4代目にフルモデルチェンジされ、軽自動車のホンダ「S660」も登場。ダイハツ「コペン」はセロを加えた。限定販売ながらホンダ「シビックタイプR」も輸入され、スズキ「アルト」はターボRSに加えてワークスも投入している。高級スポーツセダンではレクサス「GS F」も加わった。

そこで改めて価値を見直したいのが日産『フェアレディZ』だ。

初代フェアレディはダットサンスポーツの北米仕様だったが、2代目は1962年に国内でも発売されてスポーツカーの需要を拡大した。1969年にはフェアレディZに発展し、以来、スポーツカーの代表車種として走り続けている。

ライバルが消えていく中、登場から7年は立派

日産 フェアレディZ

現行型はフェアレディZでは6代目に当たり、2008年12月に発売された。

登場して7年を経れば基本設計が古いという見方もできるが、今は以前に比べると海外でもスポーツカーの需要が減っている。トヨタ「スープラ」、マツダ「RX-7」、ホンダ「S2000」といったスポーツカーが姿を消したことを考えると、ラインナップを続けていること自体が立派ともいえるだろう。

フェアレディZは2008年に登場してから、2009年、2010年、2012年と改良を受けている。2013年はNISMOの設定(これ以前はVersion NISMO)にとどまったが、2014年と2015年には一部改良を実施した。フェアレディZに限らず、モデルチェンジの周期が長い車種では、細かな改良を綿密に行うことが大切だ。

そこでフェアレディZバージョンST(6速MT/443万7720円)を改めて試乗することにした。

日産 フェアレディZ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フェアレディZ の関連記事

日産 フェアレディZの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フェアレディZ の関連記事をもっと見る

日産 フェアレディZ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23