autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 フェアレディZ 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2009/1/26 10:31

日産 フェアレディZ 試乗レポート(3/4)

関連: 日産 フェアレディZ Text: 松田 秀士 Photo: 原田 淳
日産 フェアレディZ 試乗レポート

ヒール&トゥの呪縛からの開放

V型6気筒DOHCエンジン

Z34の装備の中でトピックは6速MTに採用されるシンクロレブコントロールだ。

ATや2ペダル車に採用されるダウンシフト時のブリッピング機能をMT車にも取り入れたユニークなアイデア装備だ。これが予想以上に素晴らしいマネージメントを発揮する。 クラッチを切ってシフトレバーをダウンシフトする瞬間にワァン!と一瞬にしてエンジン回転が跳ね上がり、パーフェクトに回転が次のギヤにフィックスされるのだ。

このブリッピング(空ぶかし)時のエンジン音がスポーティで良い感じ。要するに、ヒール&トゥの呪縛から開放されるのでドライバーの右足はブレーキペダルに専念でき、よりステアリング操作に集中できる。実際に使ってみて、どうして他メーカーはこの利便性に気付かなかったのだろうかと、思うくらい。

そして、もう一方の7速ATの仕上がりもかなり良い。Dレンジでは非常に繋がりがスムーズで、コーナー進入時にはプログラムが自動的にシフトダウンして備えてくれる。まさにスポーツカーのプログラムだが、Mモードにチェンジした途端ツンツンとショックのあるシフトチェンジに変身するようにプログラミングされている。これは、スポーツカーらしくするために、わざと行った味付け。機能的には、ATの場合シフトチェンジを行うとき普通クラッチを完全に切るのだが、Z34では半クラ状態でチェンジさせているのだ。

その分加速も良くなる。この点、スムーズな繋がりではシンクロレブコントロールの6速MTの方が勝ってしまうのが面白いところだ。100km/h巡航時、6速MTの6速ギヤで約2,200rpm、7速ATの7速ギヤでは約2,000rpmで高速燃費はATの方が良さそうだ。

ドアライニングアルミ製スポーツペダルボーズスピーカーラゲッジスペースエンブレム一体型サイドターンランプ

日産 フェアレディZ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フェアレディZ の関連記事

日産 フェアレディZの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フェアレディZ の関連記事をもっと見る

日産 フェアレディZ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21