autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日産 フェアレディZ34 Version NISMO 誕生!

新型車解説 2009/6/22 11:13

日産 フェアレディZ34 Version NISMO 誕生!

関連: 日産 フェアレディZ Text: オートックワン 編集部 Photo: オートックワン編集部
日産 フェアレディZ34 Version NISMO 誕生!

フェアレディZ バージョン ニスモがモデルチェンジ!

FAIRLADY Z version NISMO

フェアレディZ (Z34) バージョン ニスモがモデルチェンジデビューした。

フェアレディZ バージョン ニスモは、日産自動車のワークスチームであるニスモ(NISMO)と、カスタムカーのカロッツェリアことオーテックジャパンの融合によって生まれる、究極のハイパフォーマンスモデルだ。 今回で約2年6ヶ月ぶりのフルモデルチェンジとなるフェアレディZ バージョン ニスモは、Z33 バージョン ニスモのDNAを引き継ぐ前提の下、

・専用フロントバンパー(ロングノーズ、カナード形状を採用)

・専用サイドシルプロテクター

・専用リアスポイラー

・専用リアバンパー(サイレンサーとともにディフューザー形状を形成)

・専用フェンダーモール

などの装備を加えている。cd値は0.30という世界最高水準の空力性能を実現したことが、まず最大のトピックスと言える。

FAIRLADY Z version NISMO

さらにエンジンパフォーマンスにおいては、新型フェアレディZに搭載されるVQ37VHR(V6 3.7L)エンジンをバージョン ニスモ専用にチューニングしており、専用エキゾーストシステムや、専用コンピューターの装備を加えたことにより、最高出力は336psから355psへ、最大トルクは37.2kgmから38.1kgmへと、こちらもごきげんな走りが期待できる数値を披露している。

またボディチューニングは強化型の専用ストラットタワーバーや、YAMAHA製の専用パフォーマンスダンパーを今回も装備。 そして足回りも、おなじみRAYS製専用鍛造アルミホイール(専用デザイン、リム幅+0.5J)をはじめ、専用スプリング、ショックアブソーバー、スタビライザーのセッティングを変更している。

FAIRLADY Z version NISMO

その他にも、インテリアを中心とした装備では、

・専用シート(専用表皮、nismoロゴ入り)

・専用本革巻ステアリングホイール

・専用ドアトリム、ニーパッド、インストボックス

・専用コンビメーター(208km/hスケール、nismoロゴ入り)

・シリアルナンバープレート

・専用レッド塗装ヘッドカバー

を装備する一方で、カラーリングはベース車両同様で、プレミアムパッショネイトオレンジを廃し、ブリリアントホワイトパールを、新色で追加している。

価格は、6速MT車が¥4,935,000(税込)、7速M-ATx車が¥5,040,000(税込)となる。

FAIRLADY Z version NISMO

こんなご時勢だけに、モヤモヤをふっ飛ばして吹っ切れたいそこのあなた。

フェアレディZ(Z34)バージョン ニスモで、新たなスポーツドライビングを体感してみてはいかがだろうか。

筆者: オートックワン 編集部

日産 フェアレディZ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フェアレディZ の関連記事

日産 フェアレディZの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フェアレディZ の関連記事をもっと見る

日産 フェアレディZ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22