autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エンタメ 愛車紹介 斉藤太吾選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」 3ページ目

レーサー愛車紹介 2011/8/18 10:48

斉藤太吾選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」(3/3)

関連: 日産 エルグランド Text: 今井 優杏 Photo: 今井優杏
斉藤太吾選手/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」

180SXのボディにコルベットV8エンジン!そのフィーリングは?

―180SXのボディにV8エンジン、興味あります!どんな感じのフィールなんですか?

大きい排気量なので、トルク感がすごくあります。あとやっぱり音がイイですよ。ずっと国産車ベースで競技をしてきているので、実は国産車ベースのチューニングにもう飽きちゃってるんですよね。

だから次は国外に興味が出て来たんです。アメリカのドリフトは自動車メーカーが参入してますし、ドリフトがマーケットとして成り立ってる。競技にバンバン新車を投入してますから、車両もカッコよくて観客も多いです。

新車販売の際にすでにドリフトを視野に入れた開発をしているし、そういう環境も羨ましいですし。

モータースポーツに関する認識が日本とはかなり違うんですよね。大会では日本車も少しは走ってますけど、ほとんどが自国の車両にV8のレースエンジンを搭載したものです。それがまた、かっこいいんですよ。

―競技車両の魅力だけではなく、競技をするための恵まれた環境という意味でも、自然とアメリカのドリフトにチャレンジしたくなったわけですね。参戦予定のシリーズはフォーミュラD(フォーミュラ・ドリフト。アメリカで開催されているドリフトのシリーズ。フォーミュラカーではなく、市販車を改造した車両で行われる)ですか?

そうです。実はフォーミュラアジアにはすでに今年、参戦してるんですよ。

―技術的には世界のドリフトはどうでしょう。

アメリカは独自の進化を遂げて、すでにシリーズとしても人気が高く、技術も高いです。アジアの方は、今年はシンガポール・インドネシア・マレーシア・タイで開催されてますが、それも盛り上がっています。

特に今、世界中の自動車部品がタイで生産されていることが多いということから、タイでの盛り上がりはすごいですね。一般ユーザーのチューニング愛好家も多いです。テクニック的にはまだまだ、という感じですが。

―日本の選手の知名度はどうですか?もうヒーロー扱いなんじゃないですか?

斉藤太吾選手とD1マシン

(笑)そうですね、日本のドリフトのビデオなんかをみんな熱心に見てるので、僕の名前を呼んでくれる人も多いです。

―そもそもクルマを好きになったきっかけは何だったんですか?

両親がクルマ好きでしたね。今も母はアルファロメオ、父はパンプキン(フォードFシリーズ)に乗っています。しかも父が趣味でクルマやバイクでレースをやっていたので、俺、5歳でバイクに乗ってたんですよ。

―でも斉藤選手はバイクレースや四輪のグリップレースではなく、ドリフトに目覚めちゃったわけですよね?それはどういう流れからですか?

バイクで走っていた同じ場所で、ドリフトをやってる人たちがいたんですよ。それで観に行って、カッコイイな、と思ったことからですね。だから車歴はミニクーパーからスタートしたんですけど、その次にシルビアを買って、乗り潰して、っていうサイクルが今も続いてます(笑)。

―そうして技術が上がるにつれ、大会にも興味が出て来たんですね?

そうですね、たまたま出た大会がD1の選考会を兼ねていたんです。それで参戦の権利が取れて、そのままいい具合に行けたんですよね。

―才能、開花しちゃったんですね!

いや、毎日走ってましたから、その頃は。練習出来る場所が自宅から3時間くらい離れてるんですけど、往復6時間かけて、それでも毎日走ってました。

―毎日?すごい!ではD1に参戦するようになったのは実は隠れた鍛錬の結果だったということなんですね。では、D1ドライバーとして、新車の中でベース車両にしてみたいクルマを具体的にあげてもらってもいいですか?

国産車ではFT-86でしょうね。アメリカ車ではコルベットとかカマロ。フォーミュラDではすでに走ってますが、カッコイイんですよ。セッティングの出しやすさを考えると日本車はやりやすくていいんですけど、そんなのどうでもよくなるくらいカッコイイんですよね。

―さて、現在斉藤選手は今ポイントランキングトップですが、今年はいけそうですか?

これから控えている大会が、エビス(福島県にあるサーキット。支配人は2006年D1チャンピオンの熊久保信重氏)が2回と富士なんです。どれも得意なサーキットなので、いけるんじゃないかと思っています。富士は車両的に有利だし、エビスは好きなサーキットなんですよ。

―ではD1のトロフィーを持って、来年アメリカに殴り込み!みたいなことが実現するかもしれませんね!

そうですね、そうなりたいです。

今井優杏の「取材後記」

今後、世界に向けて活動の場を広げられる斉藤選手。「今やらないといつまでも出来ないと思って」とその参戦理由を明かして下さいました。

それにしても!写真には諸々の事情で撮りきれませんでしたが、本当にすごい数のクルマでした。「駐車場代がハンパないですよ!」ということでしたが、うん、そりゃそうでしょうね…(笑)

毎回取材をしていて思うこと、それはドリフト選手はクルマが異様に好き!ということ。その愛情たるやレーシングドライバーの比ではないかもしれません。

なお、斉藤選手の参戦車両は、スーパーオートバックス所沢店様に常時展示されていますので、来店された方は是非間近で見て下さいね!

斉藤太吾選手 HP

http://www.k5.dion.ne.jp/~daigo-s/

筆者: 今井 優杏

日産 エルグランド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エルグランド の関連記事

日産 エルグランドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エルグランド の関連記事をもっと見る

日産 エルグランド の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25