autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム 日産 新型エルグランド デザイナーインタビュー/プロダクトチーフデザイナー 大月圭介 4ページ目

デザイナーズルーム 2010/7/29 17:49

日産 新型エルグランド デザイナーインタビュー/プロダクトチーフデザイナー 大月圭介(4/4)

関連: 日産 エルグランド Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
日産 新型エルグランド デザイナーインタビュー/プロダクトチーフデザイナー 大月圭介

もはや若者に旧来のクルマの魅力は通用しない

A:カーデザインを志す人へアドバイスはありますか。

O:海外の経験を含めていうと、外国人の若いデザイナーはモチベーションがすごい高い。彼らと伍して戦っていくためには、3倍は努力をすべきです。カーデザインは専門知識が必要なので、そこを高めてほしいのです。

いいセンスがあってもカタチにできないと実力ではないですから。専門以外の引き出しをどれだけ持っているかも大切です。僕は中高生の頃がいちばんマニアックで、オーディオやカメラからミステリー小説まで、いろんなものに興味を持っていました。

趣味人になりたいと思っていたほどです。祖母が着物を着て、三味線や掛け軸、骨董、お茶など多趣味だったので、その影響が大きいのでしょう。

A:最後に、若者のクルマ離れに対して、なにか解決策はありますか。

O:僕には大学生と高校生の子供がいるのですが、彼らの環境を見ればクルマ離れは当たり前かと。テレビゲームやパソコンなど、いろいろ楽しいことがありますから。残念ながら、旧来のクルマの魅力は通用しないと思っています。

今後は電気自動車をソフト面を含めて提供するなど、クルマを新鮮なモノとして捉えてもらえるかがキーになるでしょう。ケータイの仲間に入っていくような存在になれれば、もう一度興味を持ってもらえると考えています。

インタビューを終えて

新型のデザインから若者へのアドバイスまで、大月氏はあらゆる質問に的確に答えてくれた。デザインという仕事に対する真摯な気持ちが、そこから伝わってきた。

エルグランドのブランドイメージを保ちながら、ここまで大胆な革新を実現できた理由が、インタビューを通して理解できた。 新型エルグランド、このご時勢での売れ行きはどうなるのか、期待したい。

大月圭介氏プロフィール

日産自動車株式会社 グローバルデザイン本部 プロダクトデザイン部 プロダクトチーフデザイナー

1959年生まれ。武蔵野美術大学造形学部卒業。 1983年日産自動車デザイン本部入社。 2005年日産デザインアメリカ デザインダイレクター就任。 2007年デザイン本部プロダクトチーフデザイナーとして帰任。

今までに手掛けた車種では、U14ブルーバード、最終型セフィーロ、インフィニティI35、A33マキシマ、L31アルティマ、ティーダ、エルグランド、セレナ、ローグ、デュアリスなどがある。

筆者: 森口 将之

日産 エルグランド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エルグランド の関連記事

日産 エルグランドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エルグランド の関連記事をもっと見る

日産 エルグランド の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22