autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック by AUTECH 試乗レポート/渡辺 陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2011/10/28 00:00

日産 エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック by AUTECH 試乗レポート/渡辺 陽一郎(2/3)

関連: 日産 エルグランド Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
日産 エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック by AUTECH 試乗レポート/渡辺 陽一郎

背高ミニバンならではの"走る楽しさ"とは

日産 エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック
日産 エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック リアビュー専用19インチx8.0J アルミホイール (ダークスパッタリング)

エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペックが「ミニバン特有の"走る楽しさ"」を可能にした背景には2つの要素がある。

ひとつは先に触れたベース車の素性。ティアナと共通のプラットフォームは優れた性能を持ち、2トンを超えるハイルーフミニバンと組み合わせても無理が生じにくい。

2つ目はライダー ハイパフォーマンススペックとしてのチューニング。ボディ前後の骨格をクロスステーで補強し、中央にもクロスバーが入る。さらにリヤサスペンションのメンバーステーの部分には、ヤマハ製パフォーマンスダンパーも装着した。

パフォーマンスダンパーとは、サスペンションに装着されるダンパー(ショックアブソーバー)と、基本的には同じ構造だ。走行中、ボディには不可避的に捩れが生じるが、強固に補強すればどこかに皺寄せがきてしまう。そこでボディをサスペンションのスプリングに見立て、穏やかに捩れるようにダンパーでコントロールする。制御された捩れによってエネルギーが使われるから、唐突な挙動変化や乗り心地の悪化を抑えられる。

実際、エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペックの乗り心地は、ベース車のエルグランドとさほど変わらない。タイヤ&ホイールはベース車の350ハイウェイスターに対して1インチ拡大された19インチ(245/45R19)だが、硬い印象はなく、むしろ引き締まった重厚感を伴う。これには、ミシュラン プライマシーLCとの相乗効果も利いている。

チョイ乗りの分かりやすさよりも、高度なバランスを重視

日産 エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック バッジ
日産 エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック日産 エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック

ただ、スポーティ派のドライバーが運転すると、もう少し機敏に向きを変えて欲しいと感じるかも知れない。前述のように後輪の接地性が十分に確保されるから、もう少し曲がる度合いを強める手もあるだろう。

とはいえ、機敏な方向にチューニングすると、3列目の乗員が左右に揺すられたり、危険回避時に後輪の横滑りが拡大するなど、バランスの悪化が懸念される。乗った瞬間にキビキビ曲がることが体感しやすい「分かりやすいスポーティ感覚」にしていないところも、エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペックの特徴だ。高重心でボディが重いミニバンの特性を踏まえた上で、乗り心地を落とさずに安定性を高め、2.5リッター並みの軽快感も実現している。この抑制を利かせたバランスに、完成車として販売される高性能モデルの価値がある。

ハイパフォーマンススペック向けに再度セッティングし直されたVDC(横滑り防止装置)の設定も同じ。挙動を乱した時の作動タイミングに遅れはなく、ムダな動きを確実に抑え込む。

日産 エルグランド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エルグランド の関連記事

日産 エルグランドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エルグランド の関連記事をもっと見る

日産 エルグランド の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22