autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 新型エルグランド 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2010/10/6 10:33

日産 新型エルグランド 試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

関連: 日産 エルグランド Text: 岡本 幸一郎 Photo: 島村栄二
日産 新型エルグランド 試乗レポート/岡本幸一郎

アル・ヴェルとは異なる個性で、もはや直接ライバルでは無い印象も

新型エルグランドライダー E52

新型エルグランドの2列目シートは、中折れ機能を付けるなどしたキャプテンシートのつくりも良く乗り心地は文句なし。

アイポイントが低くなったので、従来のワンボックス車的な見晴らしの良さという部分に魅力を感じていた人にとっては、ちょっと物足りないかもしれないのは当たり前だが、居心地の良さは国産ミニバン最上レベルといえる。

オットマンこそ備わるが、ライバル車が行っているような超ロングスライドや、トヨタのエグゼクティブシートのような奇抜な機構はない。また、旧型エルグランドやセレナに見られたセカンドマルチセンターシートもなく、それよりも基本素性として大事な部分を磨き上げたという印象だ。

新型エルグランド E52

3列目にも乗ってみたが、「乗り心地には大いに配慮した」と開発陣が言うだけのことはある。さすがにヒップポイントがリアの車軸よりも後方になるため、2列目に比べると振動が大きくなるし、多少のコツコツ感はあるのだが、乗り心地は悪くない。

この乗り心地を確保するがために、シートを跳ね上げ式にしなかったと開発陣は述べているが、目的はちゃんと達せられていると思う。

新型エルグランド E52

また、これにより大きな荷物を載せたいときは、3列目を前倒しするだけの手軽さに。

シートを跳ね上げるという大仰な動作が億劫な女性ユーザーにとっても、重宝がられることだろう。ラゲッジスペースはフロア面が高く、下に大きなアンダーボックスがあるが、これはこれで使いやすいと思う。

ライバルとして、エルグランドといえばアルファード/ヴェルファイアと比較せずにいられないわけだが、室内のつくりを見ても、意外と持ってるものが違うクルマになって、直接的なライバルではなくなったような気もする。

あるいはスペースの大きさを追求するなら、むしろセレナなど5ナンバーのハイルーフ系のほうが上、という感じだ。新型エルグランドが目指した境地というのはミニバンとしてのトップエンドではあるが、高級乗用車の次世代型のひとつの姿になったような印象。そのコンセプトに共感する人は少なくないはずだ。

新型エルグランド E52新型エルグランド E52新型エルグランド E52新型エルグランド E52新型エルグランド E52

日産 エルグランド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エルグランド の関連記事

日産 エルグランドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エルグランド の関連記事をもっと見る

日産 エルグランド の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29